まわりで起こっていること

since2004.12「糠漬け初心者」

お若い外国の方、あなたは求道のなんたるかを知らない

2016年11月08日 | Weblog

このところ、新聞づいちゃってるけど。

これも、コラムからで。

東京五輪のメインスタジアムの設計をした、という隅さんという建築士、で。

若き外国の方、というのは、道元さんのことで、仏教の曹洞宗の開祖か、彼が、若かりし頃。

仏教の本場、中国へ。

ジャズの本場、アメリカへ、とか、ファッションの本場、ミラノへ、みたいな感覚で、中国の地へ旅立ったんだろうね。

その時に、かの地で、えらい高僧が、食材を集めに奔走している姿に、どうしてあなたのような方がそんなことを。

くらいの質問をした時の、かの高僧からの返答、それが今朝の表題だそうで。

禅の世界では、典座職、つまり、食事を作ったりすることね、それも立派な修行なのだ、と悟った、というんだね。

確かに、禅では、お掃除や身の回りの細々したことなど、そのものが、修行で、ということなんで。

日常の立ち居振る舞い、そのものが、禅的なるもの、というわけだ。

たぶん、思想が身から滲み出る、というような、そんなことなんだろうね。

いくら偉そうなこと言っても、立ち居振る舞いが下品だと、どうもね、昨日のエントリーじゃないけど。

藤樹さん、なんて慕われる、そう、400年もね、そんなわけにはいかない、ということだね。

どんな立派な人、のように見えても、ほんの小さな仕草、言葉使いで、ガックリくる、なんてこと、あったりするし。

もともと、僕の中では、区別感、差別感、階級意識、ってのが、嫌いな部類に入ってね。

残念!、なんていうシーンに出くわすこともあるんだけどね。

ま、人類の歴史は、階級作りの歴史でもあるのかも、なんで、今更、口から泡を飛ばすこともないんだけど。

歴史、といえば、今日は、アメリカの大統領選の投票か。

どうなるのか、かの国も分断されているのか、いろんな階層ができてるから、そりゃ、意見は、分かれるよね。

宜なるかな、ってやつだ。

そうだ、昨日のランチは、このところ頻出している、カフェ369さんで、玄米オムライス。

僕、こんな仕事もしてるんです、とカーテン工房の名刺もお渡しし、西陽がさす、というんで。

わがコーディネーターに相談してみます、と言い置いて、帰ってきたんだけど。

その前に、玄米酵母液から、スピリチュアル、というのか、宗教、というのか、人間の存在そのものの。

話でなかなか盛り上がり、わが擬似出産体験のことや、閃輝暗点という、脳への余計な電流で見えてしまった光景の話やね。

こころ澄ましてみれば、そこかしこに興味深い出会いは散在していて。

点と点が繋がり、線となり、というわけで、そうだ、かのお店には、伊勢の御仁から届いたゆばを持参し、かくかくしかじか。

酵母液をご紹介いただいたのが、この方で、それに、酵母液のスピーカ、堂園さんの長崎大学の先輩後輩、と。

ここからまた、次なる展開が始まるかも、というね。

さて、そんな流れの中、本日の展開は、どんな具合になるのでしょうか、楽しみですね。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 先生のことは、一生、忘れません | トップ | 駕籠にはのってみよ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL