今日知ったこと。

このブログは、ヤフー掲示板の同名タイトルのトピックの控です。現在も進行中、そちらへもお話にどうぞ~

「漱石の妻」3 ~漱石さんの味方です2

2016年10月12日 | テレビ好き、ドラマ・ニュース等

 きのうでしたか、仕事休みの日に撮っておいたビデオの
 溜めをいくつか見たが、「漱石の妻」第三回目も見た。

 この回は、妻にあたる配役に泣くシーンが何回かある。
 私はネットでも実際の漱石の妻の写真を見ているので
 勝手に思うが、あの骨相から見てあの人ならあまり泣
 かない気がするので、テレビといえどあまり同情しない。

 何でも今回のテレビドラマの脚本は、妻の回想による
 身内の方の執筆の「同名」本を元にされているよう。

 今回は、漱石の癇癪もわりに納まった回だったが、前回
 の漱石の状況はヒドかった。その本もまるでしょっちゅう
 漱石さんが妻に手をあげているかのような。。 

 このブログ一つ前に書いているよう、「死人に口なし」だか
 ら 漱石がわの釈明ができないが、漱石ファンなら「そんな
 バカな」と思うくらいのものです。

 例えば、手をあげるにしても、それの原因がどんなにか
 その切羽つまった気にさわることをしているか。。 近づ
 いてきているか等です。そして、どんなにか「繊細さに
 欠ける」かです。

 私の身内の例でいうとこういうのがある。
 わが家のパソコン部屋は小さいながらも、結果いろいろ
 あり私が多く費用を出している、つまり大株主-。
  部屋は大事に?日ごろブラインドは下ろし、あまり直射
 日光は入れないようにと何度も注意ているが、ずっと
 家居の者がこれを守らない。
 トイレのタオルと台所のタオルの別を気にかけない。
 先日はまた、電線が当たりそうな木々を電気会社に切
 ってもらったそうだが、木樹はあちらこちら無残なくらい
 切ってある(希望したのだろう)。

 こういうことに似たことを漱石がされたとしても、いちいち
 世間様には言えないだろうし、漱石贔屓ならそういうこと
 もお察しする。

  ただし、手を挙げる件はわが家は逆です、先方?は悪い
 上、力ずくで押し切られることが近年でも三回くらいあり
 ましたか。。全くもってみなは説明できないくらいに不届
 きせんぱん。。なんです。(^_-)

 

『ドラマ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パソコンがピュ~ンと とん... | トップ | 二日でたちまち千円の損~ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む