中越地震復興「寅太の山野草」

中越地震で被災した小千谷市と長岡市にある戊辰史跡の復興を応援しています。
寅太の家の庭に咲く山野草などのブログです。

2012年春の放浪記(その7)外山脩造

2012-06-07 05:39:19 | 歴史
阪神電鉄初代社長外山脩造(幼名は寅太、号を軽雲)は、栃尾郷小貫(こつなぎ)村の割元庄屋の出身です。脩造をよく知る人は、阪神のタイガースは寅太の寅に因み、阪神タイガース生みの親だと思っています。それを裏付けるように、戦前は甲子園に外山脩造の巨大な銅像が建っていました。
また阪神が優勝した時には、星野監督が栃尾を訪れています。朝日ビール、大阪ガスなどを設立し、NEC創設者の岩垂邦彦をスカウトしています。あまりの偉大さに、寅太と名乗ることをはばかりますが、外山家ではこんな寅太に対し、丁重に対応していただきました。ありがとうございました。


(外山脩造が造った大きな日本庭園)

 
(外山家庭園と外山脩造の説明)

 
(京都の庭師が造った見事な日本庭園です)

 
(庭園の池のほとりに茶室があります)

 
(年季の入った茶室内部)   (踏石に別れを告げます)


(羽黒神社の外山脩造の顕彰碑)

(長岡市小貫)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2012年春の放浪記(その... | トップ | 2012年春の放浪記(その... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
タイガースが先か外山家が先か? (信徳)
2012-06-07 17:24:55
生家に帰ったのですね。ユックリされた事でしょう。立派な日本庭園と茶室。秋の紅葉時は又一段と綺麗なんでしょうね。
改名も考えています (寅太)
2012-06-07 21:21:43
信徳さん、こんばんは。
小千谷の慈眼寺の復興を支援するのは、寅太しかいないと思い、この名をを借用したのですが、あまりの偉大さに名前を変えようかと思っています。
困りました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む