中越地震復興「寅太の山野草」

中越地震で被災した小千谷市と長岡市にある戊辰史跡の復興を応援しています。
寅太の家の庭に咲く山野草などのブログです。

春の訪れ’17(Ⅱ)⑰「キランソウ」

2017-03-08 00:01:33 | 四季
別名のジゴクノカマノフタ(地獄の釜の蓋)で知られていますキランソウ(金瘡小草)の花が咲いていました。


(咲き出したキランソウの花)

 

(多摩丘陵)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春の訪れ’17(Ⅱ)⑯「ヨゴレネ... | トップ | 春の訪れ’17(Ⅱ)⑱「ツルネコ... »

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
撮り花さん (信徳)
2017-03-08 07:10:11
お早うございます!
根生葉が地面に張り付くように広がることからジゴクノカマノフタと呼ばれるそうですがその様子が良く分かります。寅太さんは撮り鳥のみならず撮り花さんですね。
特に高尾山と多摩丘陵は全てを知り尽くしているようです。
おはようございます (ヒゲちゃびん)
2017-03-08 07:41:32
寅太さんおはようございます
 キランソウは去年長池公園で初めて見ました。
 注意しないと見つからない花ですよね。
 今日もよろしくお願いします。
はなのなまえ (おみや)
2017-03-08 08:07:59
キランソウ…ジゴクノカマノフタ(すごい名前ですね)
私のブログ?はなんという名前でしょうか。教えてください。
なかなかのお世辞 (寅太)
2017-03-08 22:52:50
信徳さん、こんばんは。
撮り花さんだなんて、穴があったら入りたい。
日本が長いとなかなかお世辞もうまくなります。
高尾山、多摩丘陵ともまだまだ知らないことがたくさんあります。
この季節はなかなか見つかりません (寅太)
2017-03-08 22:54:58
ヒゲちゃびんさん、こんばんは。
キランソウはどこにもありますが、この季節はなかなか見つかりません。
葉が互生しています (寅太)
2017-03-08 23:04:00
おみやさん、こんばんは。
ブログの?に似た花は高尾山に2つあります。
ネコノメソウとヤマネコノメソウですが、見分けるのは葉の付き方です。
葉が互生ならヤマネコノメソウ、葉が対生ならネコノメソウです。
画像の右に茎に付いた葉が1枚見えます。
これからヤマネコノメソウだとわかります。
こんどはネコノメソウを探して下さい。
ヤマネコノメソウ (おみや)
2017-03-08 23:26:05
なまえありがとうございました
難しいですね。葉のつき方で「名前が変わる」というと
難しいですね。今度ネコノメソウを探してみます。
有難うございました。今日は筋肉痛で一日中ごろごろしてました

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む