音楽と仲間

アマチュアバンドEMANONの練習スケジュール

MICROMARK 801/Bassアンプ試行錯誤

2017-05-17 23:39:49 | 音楽
Markbass MICROMARK 801 / MAK-MICROM8
今回新たに導入

SWR-LA10でも大きいので、さらに小型MICROMARK 801にしてみました
譜面台の上に乗ります 汗''(この状態にて使用予定)
本日届いたばかりなのでまだステッカー付いてます
LA-10が約360×360、MICROMARK 801が約260×260重量約5kと軽量

下のチャンネルスプリッタで他のアンプにも音を振り分けます(MX882)

ステッカー

つまみは潔く2個 笑

裏面

小さなパソコン用みたいな冷却ファン音は静か


取り合えず音出し
???・・・これだけで十分な音量音圧、エンハンスよくかかります
ハイ~ローまで問題なし、笑ってしまうくらい低音出ます・・・汗''
最もベースはBongoなので4バンドイコライザー内蔵されてますが
パッシブでも問題なし

小型アンプの足元使用では音が聴こえ難いので
スプリッタで2台に振り分けて使用する予定
MICROMARK 801を1m程の高さでモニター用にと思いましたが
単体でもいけるかも(・・?です、50wと思えない位の音量

後日使用レポートアップします

隣に写り込んでるのYAMAHA BB2000 FLです

玄はアーニーボールのラウンド、一時フラットも使用しましたが
私には使い慣れたラウンドがベスト
純正のピックガードとフィンガーレスト、調整用のレンチが付属
ピックガードは透明のアクリルですが養生がまだ付いたままです
結構使用してますが(40年程 汗'')ベース本体の裏の養生も付いてます
ヘッドの刻印は001075 MADE IN JAPAN
ネックは現状でストレート
まずこの状態のBB2000は残っていないと思います
欲しい方は私が死ぬまでもう暫くお待ち下さい 笑
その時はJAZZ Bassや他のビンテージ楽器も息子が全て安価で放出 笑









ラウンド玄ですが未だネックは良好






ライブでも使用しましたが年月を経て良く鳴ります
ピックアップは今となってはチープかも

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダイアナ・クラール/ターン・... | トップ | iPhone7 Plus The cty CMソング  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。