何かの役に立てばいいのに

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

これだけは絶対とろう。ミネラルの王様はマグネシウム!

2017-05-17 15:36:07 | 美容 アンチエイジング
【若返り】これだけは摂取したいたったひとつのミネラル




ビタミン・ミネラル全部バランスよくとることが大前提だが、
ミネラルの王様はマグネシウムだそう。これをしっかりとることが大切だそうです。

これをとると明日から肉体が変わってくる、そして人体の健康を考える上で一番重要になってくるそう。


マグネシウムとは全身に関わるミネラルです。

<ミネラル不足でおきる症状>

うわまぶたぴくぴく
集中量が低下
うつ状態
首、背中の筋肉が異様に凝る
筋肉痛
心臓発作など心臓の疾患、
手足のふるえ
足がつる
こむらがえり

<マグネシウムがきちいんと補給されていると>

精神が安定するいらいらがなくなる
歯が丈夫になってくる
心臓の働きをよくする
血液の血小板が固まるのを防いでくれる
腎臓によくて、腎臓結石の予防をしてくれる
筋肉が非常にやわらかくなる
パフォーマンスがあがる
体温が上昇エネルギーを生み出す
血圧が安定
骨の代謝をスムーズ
体内の中に酵素(何千種類)300種類の酵素の働きを活性化、
働きをアップしてくれる


山田とよみさんという先生の理論
病気の原因は、
細胞内のカルシウム過多が原因


つまり細胞の中にカルシウムが増えてくる
それによって神経の伝達のやりとりがいかなくなる病気の原因を引き起こしている、これをカルシウム生理作用不全症候群という
この状態は、内分泌系などすべてにかかわってくる
マグネシウムがとれてると、過剰なカルシウムを外に放り出してくれる

ミトコンドリアのなかで、エネルギーが発生する
ミトコンドリア=エネルギーの生産工場

マグネシウム9箇所でエネルギーの製造にかかわってくる

エネルギーがよく効率的に作り出せる
マグネシウム=エネルギーのミネラルとよぶ

クエン酸サイクルとかのエネルギー
糖質などにも関わってくる。

エネルギーと筋肉のミネラル=マグネシウム

こり、痙攣がおきやすくなる


<マグネシウムを消費してしまうこと>

ストレスが多いと、
ミネラル、ビタミンが失われていく
マグネシウムも大量に消費されて、出て行ってしまう

たんぱく質過剰
動物性肉
アンモニアが発生してそれを処理するためにマグネシウムが無駄に使われる

砂糖、たべすぎ、

お酒

<突然死>
かなりの疲労がたまってくる、突然死する場合があるが
マグネシウムが決定的に不足している
心臓発作、それとかかわっている
マグネシウム不足になってぎゅっと収縮し、
痙攣おこったり
心臓がそれでおこったりすると、心臓発作になる

マグネシウムは普段からとっておかないとならない。

<メタボ予防>

マグネシウムがしっかりとることによってかなり軽減できる、
それを解消するために、若いうちから摂っておくといいですよというデータがある。アメリカ

日経ヘルスという雑誌で若いうちからマグネシウムをとると、メタボの確立がかなり減るという記事がある

<マグネシウムは・・ほぐす作用がある>

凝り固まった筋肉をほぐす、全身、
筋肉、血管をほぐす
血管が柔軟になり流れがよくなる腸をほぐす、緩める働きがある、
お通じが改善する
心がほぐれる

<食事方法>

マグネシウム主体の食事、それは簡単で、
じゃぁなにをとればいいのかというと、

豆類、
海藻類、
緑黄色野菜、
未精製の穀物、玄米、雑穀、

日本人はかなり不足しているとれてるようで摂れていない

筋肉がなぜ収縮するか
細胞と細胞の外の関係、

カルシウム細胞の外に存在する、
マグネシウムが細胞の中に存在するのが正常な状態

これが逆転するとおかしくなる

ナトリウムとカリウムも連動してセット

ナトリウムが細胞の外にある、カリウムが細胞の中にあるのが正常

だが

マグネシウムが不足すると、ここになにもないから、カルシウムが細胞の中にはいってくる
カリウムが外にでて、ナトリウムが細胞の中にはいってくる

カルシウム収縮
マグネシウム拡散

緩める力がないと、どんどん収縮する
まぶたがぴくぴく、心臓


以上のように

ミネラルを考えるうえでは、マグネシウムが一番大事、

ストレス甘いものたべすぎ、
お酒タバコ、
野菜の問題ミネラルがはいってない物が増えている、
白米

マグネシウムがすくなくなる。

<一日とる基準>
国がだしてる基準370mg

日本人は平均して摂取しているのがどれくらいかというと、
240~244mg
平均ー126-130mgが不足してる

370mgは最低条件であり、
日本人の平均は必要最低量までもいっていない

3分の2が不足=アメリカ

食事だけでは限界がある

<糖尿病予防にもなる>
2004年マグネシウムが2型糖尿病の発生質を下げる
データとして出てきている34%発症率を抑えられる

糖尿病を予防するためにとったらいい

<サプリメントでとるには、塩化マグネシウムスプレーがおすすめ>

①酸化マグネシウム
錠剤になっている、簡単にかえて誰でもとれる
小粒錠剤でのみやすい5%しか吸収されない
とってるようでまったくとれていない役立たない。

②クエン酸のマグネシウム
③りんご酸マグネシウムという手
塩化マグネシウムが一番おすすめ、最も吸収率がいい

一切科学的、汚染なものがはいっていない天然、
アメリカユタ州グレイトソルト湖というところがある、
海抜が1280mが高いところにある湖、汚染とは無縁の環境
琵琶湖の3.5倍の広さ
海水よりも濃度の故意塩水
純粋に使いマグネシウム塩分をとりのぞいて
マグネシウムとナトリウムの割合
ナトリウムがおおいものだと、ナトリウムが過剰、
マグネシウムが多いものがいい


山田先生の慣習のもとに
開発されたマグネシウム
マグネシウムスプレー1万1700mg
160mg
(100mに対して)

マグネシウム:ナトリウム
73:1

ナトリウムが過剰になる心配がない

3~6プッシュ、1日
3プッシュで2ヶ月は十分いける

花粉症アレルギー
鼻の部分
鼻うがい
免疫がつよくなってか花粉症がなおる
のどにはいらせるということでマグネシウムが吸収されていい状態になっている


3プッシュで120mg
補える

とることで疲れにくくなる慢性疲労症候群

炊飯のときご飯にいれるとみんなでとれる
お味噌汁や焼き魚のふり塩にあわせてプッシュ



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 顔のたるみ改善には、フェイ... | トップ | youtheoryのコラーゲン、美容... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。