青ペンのIT事情

我が家の、PC関連の事件を紹介していきます

FREETEL FTJ162E (RAIJIN) レビュー

2017年03月18日 23時12分03秒 | Android


雷神を3週間ほど使用してみた感想等を、アップしときます。

巷では酷評の多い雷神ですが、私の所では結構活躍してくれています。

まずFOMAカードを挿した状態での電波の掴みが悪い件ですが、私のロケーションでは未だに未着の電話はありません。
特に問題もなく、メインで使ってもいいのではないかと思うくらいです。 まぁ通話SIMは1枚しか契約していませんから、雷神に挿した時点で当然メイン使用ですが・・・・。


アンテナピクトは、左がFOMA通話 右がデータ


次にテザリングですが、噂通り2.4GHzの電波が出ません。 5GHzなら問題なく使用できるので、nexus7はそちらで繋げています。 2.4GHzにしか対応していないデバイスは使えないので、今後のアップデートに期待します。

それからLINEゲームの「ディズニーツムツム」ですが、オープニングの動画の後フリーズしますね。
何かの拍子にスタート画面まで行きますが、まずフリーズして真っ黒な画面のままになります。
なので、スタート画面が出たら終了させないようにして使っています。 一度スタートすれば、タスクを引き上げる事でゲームをいつでもする事ができます。 (表現がおかしいかな?)
これは「ディズニーツムツム」が未だ Android7 に対応していない為だと思われますので、今後のアップデートに期待します。

バッテリの持ちが売りのところがある雷神ですが、私の環境では1日半くらいが限界です。
テザリングでnexus7を使いながら、雷神と両方でネット閲覧・LINE送受信・メール送受信・radiko等と言った使い方です。





デフォルトで FREETEL UI なのですが、削除できないアイコンがあったりで何かと使いにくかったので Android UI に変えました。
これは、「設定」→「FREETEL UI 設定」→「ホーム」で変更できます。


手に持った感じは、153.0mm(H)×76.0mm(W)×8.7mm(D)がとても大きく感じます。 特に幅が76mmあるので、片手での文字入力は無理です。(ちなみに私の手のサイズは、手を広げて親指の先と小指の先との間隔が約22㎝です)


「開発者オプション」は今までの Android と同じで、「端末のビルド番号」を連打することでデベロッパになれます。


USB の端子が TYPE-C なので、今までの microUSB のケーブルが使えません。
そこで、変換アダプタを見つけたので買っておきました。 これからは、みんな TYPE-C になっていくのかな?








最後に、パソコンにUSB接続しても認識されない場合の対処法を書いておきます。 まぁ、よくあるドライバの更新です。



デバイスマネージャでRAIJINに「!」マークが付いていて認識されない




RAIJINをダブルクリックしてドライバタブで「ドライバの更新」をクリック




「コンピュータを参照して・・・・」を選択




「コンピュータ上のデバイスドライバ・・・・」を選択




「MTP USB デバイス」を選択して次へ




「Android Phone」を選択して次へ




RAIJINの「!」マークが消えて




ドライバがインストールされました
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« FREETEL FTJ162E (RAIJIN) 入手 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。