私の思い~いつかプラハへ…そして、2015年、ついにプラハへ!

   ある日のできごと、心の呟き、よしなしごとetc

ぬか漬けのその後

2017年06月19日 | 食べ物
ぬか漬けの素でぬか漬けを始めたというブログを書きました。

2017年5月6日のブログ


「4~7回を目安に使い切ってください」と書いてありましたが、その後もぬか漬けの素は捨てずに、ずっと続いています。

冷蔵庫内はほとんどにおわないし、ぬか漬けはとてもおいしいと思えるから、続きます。



キュウリや大根やニンジンをぬか漬けの素に埋め込んで、ぬか床を混ぜます。

水っぽくなったら、新たにぬかと昆布、塩を加えます。
時には鷹の爪も加えています。
これでいいのかどうかわかりませんが、母はいつもそんなことをしているような‥。




ぬか床を混ぜる感触は、嫌いではありません。

混ぜる時に思い出すのが、幼いころ潮干狩りに行って「足に砂がつく」と泣き叫んで、嫌がっていた光景。その足の裏の感覚は今でも思い出せます。

手のぬかはいいけど、潮干狩りの時の足の砂はいや(海水浴の時は、足に砂が付いても泣き叫ばなかったように思います)。
いい加減なのか、潔癖症なのか。

かなり激しく両面を持ち合わせているなぁと思います。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« また「雪風」へ | トップ | 「利久」の牛たん、美味しか... »
最近の画像もっと見る

食べ物」カテゴリの最新記事