カケラノコトバ

たかあきによる創作文置き場です

第四十九夜・届かない苦しみ

2017-08-10 22:57:14 | 百人一首と色名で百物語
たかあきで『高嶺に』と『紅葉色』を使って創作してください。

 高嶺の紅葉が鮮やかに色付くのは、寒暖の差が激しい中で雨露に濡れるからなんだ。だからあの赤は葉っぱが散々痛めつけられた末に滲み出す血の色のようなものなのさ。ひょっとしたら美しい姿には必ず相応の苦しみが付いて回るのかも知れないけど、だからと言って苦しめば必ず美しくなれる訳でも無いから、全く以て世界という空間は冷酷極まりない理に満ち満ちている。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
« 第四十八夜・受け取り拒否 | トップ | 第五十夜・終わった花 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。