カケラノコトバ

たかあきによる創作文置き場です

第七夜・世界で一番奇麗なみどりいろ

2017-06-13 21:22:21 | 百人一首と色名で百物語
たかあきで『今ひとたびの』と『萌木色』を使って創作してください。

 てるてる坊主と一緒に傘を打つ雨の音を聞きながら歩くのが好きだと言った妹は、陰鬱な梅雨の時期に肺炎に罹って亡くなった。一年ほど呆然としながら暮らしていたら再び梅雨の時期が訪れ、私は思い切って妹が本当に好きだったものに会いに行くことにした。

 それは、梅雨の合間の薄陽に照らされた時だけに見ることが出来る、輝くように鮮やかな若葉の色彩が重なり合う姿。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
« 店の名は琥珀亭・幸せだった... | トップ | 店の名は琥珀亭・飛び入り歓... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。