カケラノコトバ

たかあきによる創作文置き場です

第三十夜・懐(ゆか)しい名前

2017-07-14 19:33:57 | 百人一首と色名で百物語
たかあきで『知るも知らぬも』と『紫』を使って創作してください。

 紫と書いて「ゆかり」と読むのは源氏物語の章に紫という色名が多数登場する「ゆかり」から来るのだと聞いて以来、娘が生まれたら名前は紫にしようと決めていたが、妻に「フツー読めない」と却下された。それなら平仮名で「ゆかり」にしようと言ったら、「ふりかけ?」と笑われた。妻とは今までも色々あったが、結局はその一言が殺人の引き金であり動機となった。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
« 第二十九夜・葡萄棚のある光景 | トップ | 第三十一夜・宵待ち月のやる... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。