カケラノコトバ

たかあきによる創作文置き場です

第四十八夜・受け取り拒否

2017-08-09 19:41:06 | 百人一首と色名で百物語
たかあきで『わびぬれば』と『灰色』を使って創作してください。

 俺は自分の子どもを持ってようやく他人を苛めるのがどれ程酷い事かが判った。同時に子どもの頃自分がやっていた事を思い出して居ても立ってもいられなくなり、思い切って当人に謝りに行った。すると相手は笑顔のまま「絶対に許さないけど別に気にしなくていいよ」とだけ言って家の扉を閉めてしまい、俺は一人取り残される。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
« 第四十七夜・誰もいない教室 | トップ | 第四十九夜・届かない苦しみ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。