カケラノコトバ

たかあきによる創作文置き場です

第十四夜・電脳の妖精

2017-06-22 22:14:17 | 百人一首と色名で百物語
たかあきで『神代も聞かず』と『苔色』を使って創作してください。

 人間達の作った幽霊と殆ど変わらない成分の妖精が世界を飛び回るようになって久しい。連中は人間の定めた役目を果たす為に空間を飛び回るだけの働き者で俺達にとっては理解しがたい存在だが、今日も連中はエレキの食事を済ませると、どうでも良いような人間の用事を果たす為に世界中を飛び回るのだ。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
« 店の名は琥珀亭・事の顛末 | トップ | 店の名は琥珀亭・『店の名は』... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。