カケラノコトバ

たかあきによる創作文置き場です

第九夜・泣く女

2017-06-15 19:56:26 | 百人一首と色名で百物語
たかあきで『乱れ染めにし』と『時雨の色』を使って創作してください。


 始めは鮮やかな葡萄色が斑の入った赤紫に変わり、やがて濁った黄色混じりの色となる。今まで身体のあちこちに叩き込まれた痣がそんな風に治っていくのを私は何度も見てきた。けれどコレはもう治らないだろうと見下ろす彼の身体は無数の重なり合った緋色に染まっている。

 もっと早くこうしていれば、コイツと私の赤ちゃんも死なずに済んだのに。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
« 店の名は琥珀亭・獣の忠誠と慈愛 | トップ | 店の名は琥珀亭・少年の決断 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。