カケラノコトバ

たかあきによる創作文置き場です

第十一夜・十力の金剛石

2017-06-19 20:08:50 | 百人一首と色名で百物語
たかあきで『雲の通い路』と『萌木色』を使って創作してください。

 空を見上げると、梅雨時の重く重なり合う雲から絶え間なく降る雨粒が木立の若葉を濡らしていく。あの子がもし天に還ったのだとしても、例えこの地上の土に入り混じったのだとしても、きっとこうやって細かな粒となって天から降り、染みこんだ地中から立ち昇って緑を育て、ずっと世界を旅して廻るのだろう。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
« 店の名は琥珀亭・居られない理由 | トップ | 店の名は琥珀亭・始まりの天使 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。