カケラノコトバ

たかあきによる創作文置き場です

店の名は琥珀亭・貧乏神官の天使

2017-03-15 19:23:24 | ワンフレーズで創作お題
たかあきで【嘘つきの純情】というテーマで創作してください。

「これで足りますか」
 固く握り締めていた右掌を開いて幾枚かの貨幣を示してくる神官に、店長は重々しく頷いて空席を示した。店の料理を賞味したくても自由になる金など殆どない為、滅多に店に来られない貧乏神官は子供のような笑顔で着席する。食いたいものも食えないとは神官職も大変だなという店長の言葉に、実は僕、子供の頃に本物の天使を見たことがあるんですよと答える神官。
「誰も信じてくれませんけどね」
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
« 店の名は琥珀亭・望月には程遠く | トップ | 店の名は琥珀亭・琥珀色の翼 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。