カケラノコトバ

たかあきによる創作文置き場です

店の名は琥珀亭・毒と水

2017-05-19 21:28:51 | ワンフレーズで創作お題
たかあきで【白線死亡ゲーム】というテーマで創作してください。

 私は大嫌いなんですよ、この耳を打つ騒音の発生源全てが、この世界から一瞬の内に消えて欲しい程に。

 そんな言葉を囁きながら近付いてくる神官の発する闇と毒に中てられたように店長が動けないでいると不意に、ああ店長ここに居たんですか、などとその場の空気を振り払う呑気な声音が響く。いつもの様に眠たそうな顔で笑いながらその場に現れたのはギルド長だった。
「店長、実は一週間後にギルドの会食がありまして、その時の料理を頼みたいのですよ」
 とにかく詳しい話をと引き摺るような格好で店長を神官から引き離したギルド長は、ようやく自力で歩けるようになった店長に向かって小声で囁いてから、それじゃ宜しくと去って行く。

「あの神官は死神です、くれぐれも気を許さないで下さい」
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
« 店の名は琥珀亭・滅びの笛 | トップ | 店の名は琥珀亭・神官の幻視... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。