カケラノコトバ

たかあきによる創作文置き場です

第二十四夜・バケモノ専用の殺戮人形

2017-07-06 22:08:05 | 百人一首と色名で百物語
たかあきで『神代も聞かず』と『紅葉色』を使って創作してください。

 私は人間の作った人形として完成し、主人である旦那様と任務についている。主な仕事はバケモノに対する囮で、連中が私を引き裂いて喰らおうとする隙を突いて旦那様がバケモノに止めを刺す。時折だが本当に引き裂かれて修理を必要とすることがあるが、旦那様はそんな時、何故か決まって悲しそうな顔になるのだ。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
« 第二十三夜・青色の約束 | トップ | 第二十五夜・多分永訣の日 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。