カケラノコトバ

たかあきによる創作文置き場です

第十八夜・ゆきいろすずめ

2017-06-28 20:27:43 | 百人一首と色名で百物語
たかあきで『降れる白雪』と『雀色』を使って創作してください。

 土の色をしたひとりぼっちの小さな雀は、いつだって滑らかな灰色をしていないと鳩に、艶やかな黒色をしていないと鴉に苛められ続け、とうとうある冬の寒い日に道端で冷たい骸を晒すことになった。やがて雀を哀れんだ神様が雪を降らせると、その魂は染み一つ無い純白の衣を纏って天に昇っていったと言う。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
« 第十七夜・おしまいの鼠 | トップ | 第十九夜・虹を追いかけて »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。