カケラノコトバ

たかあきによる創作文置き場です

第二十七夜・戻らない夏

2017-07-11 19:23:35 | 百人一首と色名で百物語
たかあきで『長長し夜を』と『小豆色』を使って創作してください。

 小豆色をした屋根の家には、毎年、枝という枝に白い星の形をした花が連なるように房となって咲き誇る樹が植えられていた。あれが卯の花だよと母に教えられ、花の時期である初夏になるとうろ覚えの唱歌を口ずさみながら学校に通い続けたある日、その家の奥さんが亡くなった。やがて樹は伐られ庭は荒れ、だから、未だに独り切りでそこに立ち尽くしている奥さんも寂しそうだ。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
« 第二十六夜・群青色の似合う... | トップ | 第二十八夜・ピヨの未来 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。