カケラノコトバ

たかあきによる創作文置き場です

第八夜・たたろう

2017-06-14 20:57:19 | 百人一首と色名で百物語
たかあきで『むかしの友』と『萌木色』を使って創作してください。

 うちには田んぼがあるのだが、そこには「田太郎」と呼ばれる男の子が棲んでいるそうだ。それは神様と言うよりは妖怪に近い存在らしいが働き者で、田植えや稲刈りの際に何処からともなく現れて仕事を手伝ってくれるという。

 なお、住処を粗末に扱うと家を絶やすという恐ろしい一面もあると伝えられるが、米農家が自分の田んぼを蔑ろにしたら家が絶えるのはむしろ当然だと思う。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
« 店の名は琥珀亭・飛び入り歓... | トップ | 店の名は琥珀亭・獣の忠誠と慈愛 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。