カケラノコトバ

たかあきによる創作文置き場です

活動

2016-10-14 21:25:50 | 字書きさんにお題出してみったー
たかあきさん、『映画館』を舞台に、『白黒』と『犬』と『音色』の内二つをテーマにして話を書いてみませんか。

 久し振りの休日なので最近話題の『黄金の魔人』を観ようと映画館に行ったら、偶然に鷹塔先生と出くわした。鷹塔先生はうちの先生の友人で自称三文文士だが、うちの事務所で扱った事件を小説に仕立て最近は結構な売れっ子となっていて、実は『黄金の魔人』も、うちの先生が関わった事件に大幅な脚色を加えた小説が原作なのだ。
 どう見てもうちの先生より数段は男前の探偵と、どうやら少女が扮しているらしい可愛らしい少年探偵が冒険を繰り広げる白黒の画面。
 そんな画面にの場面に合わせて蕩々と続いていた弁士の語りが名調子で終わった辺りで、ところで最近仕事はどうだいと笑顔で迫ってきた鷹塔先生に、私は無理矢理パーラーに連行される羽目に陥った。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
« 苟且(かりそめ) | トップ | 松高の、三羽烏の往く道は・... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。