カケラノコトバ

たかあきによる創作文置き場です

第二十夜・都忘れを摘みながら

2017-06-30 18:42:16 | 百人一首と色名で百物語
たかあきで『寂しさ勝りける』と『藤色』を使って創作してください。

 都忘れという花の名の由来は、かつて暮らしていた都での日々を忘れて心楽しむと言う説と、逆に忘れていた都での日々を思い出して心憂うと言う説があって、どちらにせよ、その可憐な美しさは彼の、或いは彼女の、二度と手に届かない都の生活を時には優しく覆い隠し、時には残酷なほど鮮明に浮かび上がらせるのだろう。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
« 第十九夜・虹を追いかけて | トップ | 商品の発送を以て »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。