カケラノコトバ

たかあきによる創作文置き場です

喪服

2016-12-20 22:33:11 | 字書きさんにお題出してみったー
たかあきさん、『本の中』を舞台に、『爪痕』と『大皿』と『百合』の内二つをテーマにして話を書いてみませんか。

 しばらく放っておいてくれませんかと先生を追い出した私は、更に欠けた記憶を辿っていく。父さんが趣味で撮っていた沢山の写真は家が燃えた時に無くなったと思っていたが、実は先生が渡された分だけは残っていたのだ。写真と照らし合わせた記憶は次々と姿を失い、例えば百合を抱えた喪服姿にも覚えがない。と言うより、どう見ても両親と祖父母の葬式が行われた年頃の姿をした私のこの写真は一体誰が撮り、何故此処にあるのだろうか。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
« 鬱屈 | トップ | 親迎 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。