年金ふわふわ

年金相談、手続き代行、執筆、講師を専業とするFP・社労士が
風の向くまま気の向くまま 日々の出来事をつづる

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

10年化と振替加算

2016年11月02日 | 年金ワンポイント
宣伝だけでは申し訳ないので、問題を一つ。

年上の夫の老齢厚生年金に、年下の妻を対象とする配偶者加給年金額が加算されていました。加給は妻が65歳になるとおしまいで、その代わりに妻の老齢基礎年金に振替加算額が加算されます。

ところが、この妻は納付済やカラなどの受給資格期間が25年なくて、老齢基礎年金が支給されません。老齢基礎年金が支給されなければ、振替加算もなしですわね。

さて、老齢年金の受給資格期間を10年とする改正が、来年(平成29年)8月1日に施行されます。10年化は、平成24年に成立した年金機能強化法による改正点の一つですが、消費税10%への引き上げ日とされていた施行日を平成29年8月1日に改正する法案が、昨日、衆議院を通過したようですね。

この例の妻も、25年はありませんが10年はあります。そうなると、平成29年8月1日に受給権が発生して、老齢基礎年金が支給されるようになります。そのとき、この妻は65歳を超えています。

さて問題。この妻の老齢基礎年金に振替加算額は加算されるのでしょうか?

昭60改附14条の1項および2項によっては加算されないと思うのですが。また、昭60改附18条2項は、「1項の規定による老齢基礎年金」といっていて、1項は「65歳以後に国民年金の被保険者期間を有するに至ったことにより」支給される老齢基礎年金なので、この妻には当てはまらないように思うのです。

たぶん政令によって加算されることになると思いますし、それがけしからんと言っているのではありません。現在の条文によればこのケース、振替加算額は加算されないと思いますが、皆さまいかがでしょうか? という問題です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <年金法令研究会>のお知らせ | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

年金ワンポイント」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。