螟蛉 漢検1級

漢字検定一級に関する情報

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

故事成語・諺

2009年03月29日 01時56分39秒 | 18-2
 18-2の問題9、故事成語・諺問題です。 この分野は初回4-1からずっと出題されている分野で、一つ一つ翫わっていくとそれだけでも可也愉しいのですが、当ブログは殊これから漢検一級を受験しよう! でもどうやって勉強すればいいの? といった方を対象に、その学習方法の一つとして過去問を確り学習することの意義といいますか、一助になればというコンセプトの元、極力平易に理解出来るように遣っていこうということで、簡潔明瞭を目指して紹介していくこととします。

 現在は18-2の本試験問題を題材にしてますが、 これから学習を開始するような方々にとっては少なからず参考程度になるのかなぁ? ならなくても勝手に進めます。ってなんじゃそりゃ?

1.痘痕もエクボ。 6-1、15-3
2.猛火リョウゲンより甚だし。
3.飽かぬ君のゴジョウ。
4.カショの国に遊ぶ。 12-1、15-1、16-3
5.フンケイの交わり。 12-2
6.シンイ去り難し家を守る狗の如し、慈心失い易し彼の野鹿の如し。
7.ケにも晴れにも歌一首。 7-3
8.盗人に糧をモタラす。
9.ベツ人を食わんとして却って人に食わる。 7-1
10. ソクインの心は仁の端なり。 12-3、16-3

問題の後ろに付したのは単純重複率です。 単純重複率とは全く同じ問題が、同じ出題分野で出題されたということです。 一応定義しておきましょう。 ということは60%は過去問で全く同じ分野で既出ということです。 

解答のみ以下に書きます。

1.靨、笑窪
2.燎原
3.御諚
4.華胥
5.刎頸
6.瞋恚、嗔恚
7.褻
8.齎
9.鼈
10.惻隠

この分野は単純重複率だけみても6割、違う分野で出題されている場合も含めると、

燎原は、

・民権運動はリョウゲンの火の如く広まった。 15-3書き取り

御諚は、
国字の書き取りで出題されています。

・これは殿の御ジョウであるぞ。 6-3国字書き取り
・殿の御ジョウでございます。 10-1国字書き取り

瞋恚・嗔恚は、

・忿怒 ≒ 瞋恚・瞋恚 16-3類義語
・愚政に対して瞋恚の炎を燃やす。 11-1読み
・専ら柔和の面を備え、瞋恚の相を現すことなかれ。 13-3読み

齎すは、

・千里 糧を齎さず。 12-1故事成語・諺

というように、広義の重複率として100%になります。

よって、この分野は過去問を確りやれば可也の確率で高得点を獲得出来る、出来なければならない分野ということになります。 でも過去問は数年分をアマゾン等で入手したとしても全てというわけにはいかないでしょうから、完全征服で代用するなどするしかないでしょう。 過去問全て手に入れるには国立国会図書館を利用するなど、方法はあるとしても地方の方ではどうしようもない場合もあるかと思います。 …というわけで、故事成語、諺問題部分のみ過去問全てこっそりここで紹介するといった著作権無視の愚行に出る事も考えています。 協会から指摘があれば削除すればいいでしょう? ダメかなぁ。
 閑話休題、兎に角、この分野は稼ぎ所なのです。8割以上得点出来るようにしましょう。

 扨、ここから先は受験対策からは離れて、簡単に各故事成語・諺の解説を付しておきます。 興味或る方は読んで戴ければと思います。 そんなことどうでもいいという方はスルーで。

1.痘痕も靨

痘痕(あばた)は天然痘の痕。 好いた目からは痘痕も靨とも言いますが、 好きになった人の事は縦令どんなに相手が醜男醜女であっても、天然痘の痕ですら靨に見えてしまうといったこと。 恋に逆上せあがった目で見ると相手の欠点も長所に見えてしまうのです。 成語林にはドイツの小説家ゲーテが『格言と反省』の中で、「恋人の欠点を美徳と思わないような者は、恋しているとは言えない」と述べているとのこと。 類義に、惚れた慾目、面々の楊貴妃。

2.猛火燎原より甚だし。

大火の燃えさかるさま。 転じて悪いことをするとすぐに世間に広まってしまうことのたとえ。 悪事千里を行く…。 慥かにいい事をして名を貽すのは至難の術だが、犯罪を犯して悪名を竹帛に垂るのはそう艱しい事ではない気が…。 あ、竹帛に垂れるのはいい事をした時だけだったか! 燎原と言えば、星火燎原(せいかりょうげん)、初めは小さな勢力でも、次第に勢力を増して侮れなくなること。 「後漢書」…名を竹帛に垂る、も「後漢書」…。

3.飽かぬは君の御諚

御諚は貴人の命令、仰せ。 主君の命令であれば、無理なことであっても、嫌とは思われないということ。 そうかなぁ。 あおむしは社長の命令全然聞かないもんなぁ。 無理な事なら尚更。命令と言えば、同音に螟蛉…。 

4.華胥の国に遊ぶ。

華胥は架空の国の名前で、自由な理想郷、自然で平和な国、楽しい夢の世界。 桃源郷ですなぁ。 あおむしにとってはまさにこの漢字学習がそんな感じですなぁ。

5.刎頸の交わり。

極めて親密なことのたとえなんですが、自分の頸を刎ねられてもいいと思えるくらいの友人がいる方はそうは居ないのではと思います。

6.瞋恚去り難し家を守る狗の如し、慈心失い易し彼の野鹿の如し。

「涅槃経」ですね。 怒りうらむ感情が、人の心から消えないのは、家を守る犬が飼い主から逃げないようなものだ。 慈しみの心を失いやすいのは野の鹿が人に近寄らないようなものだ、ということ。

7.褻にも晴れにも歌一首。

褻は日常のこと。 ばかの一つ覚えのこと。
用例:いやいやこれも作者が違うてある。褻にも晴れにも歌一首とはお前の事でござる(狂言-鶏流)

8.盗人に糧を齎す。

盗人に食糧を持ってきて与える。 敵の手助けをして自分に害をまねくことのたとえ。 謙信のように敵に塩を送ることではない。 これは切瑳琢磨する相手が困っていたから裨けただけ。 敵ながら遖!と認めたくなるような相手が、ライバル(好敵手)が困っていたら、あなたならどうする? 羸った相手を打ち負かしても蔗くない。 遺るのは空しさだけ、寧ろ自身が卑怯者のような気がしてくる。 同じ土俵で同じ状態で相撲を取ってこそ! 先日のWBCの延長10回のイチローと韓国投手の勝負の心境、 敬遠して世界一になったとしてそれで投手として満足か?そんなわけはない。 だから、ベンチのサインを敢えて無視して真っ向勝負に出たのだろう。 また逸れた。 類義で、賊に兵を藉す。 寇に兵を藉す。 これは試験に出そうなので、ついでに覚えて…。 ここ読んでる人はこれくらい知ってるか。

9. 鼈 人を食わんとして却って人に食わる。

鼈は勿論すっぽん。 自分の実力が如何ほどかも考えずに他人を害しようとして、かえって自分が破滅すること。 人に嚙み付こうとして、鼈鍋になってしまった甲羅の柔らかいカメのこと。 少し意味は違うが、蟷螂の斧くらいは想起出来るか。蟷螂の斧は自分の実力を省みずに、強者に立ち向かうという意味で必ずしも破滅するとは限らないから、このあたりが微妙にニュアンスが違うといえば違う。 類義として括るには些か無理があるか?

10.惻隠の心は仁の端なり。

惻隠は同情してあわれむこと。 人の不幸に同情してあわれみ痛む気持ちは、軈て仁にいたる糸口だということ。 「孟子」ですね。 孟子は読んだのですが、卒読しただけなので、またゆっくり翫わいたいと思います。

 以上簡単に…。 全然簡単じゃない? きりがないので本日はこの辺で。 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

対義語・類義語

2009年03月28日 23時35分11秒 | 18-2
 18-2の問題8、対義語・類義語。 1~5は対義語、6~10は類義語です。

1.巨大
2.曩祖
3.潔浄
4.雇傭
5.哄笑

6.淵源
7.民草
8.造詣
9.乾坤
10.居然

(選択肢)
うんちく・おわい・かくしゅ・しょうじょう・そうぼう・どうこく・ぶりょう・まつえい・らんしょう・わいしょう



荅えは、
1.巨大 ⇔ 矮小 14-3
2.曩祖 ⇔ 末裔
3.潔浄 ⇔ 汚穢
4.雇傭 ⇔ 馘首 16-2
5.哄笑 ⇔ 慟哭

6.淵源 = 濫觴
7.民草 = 蒼氓
8.造詣 = 蘊蓄・薀蓄
9.乾坤 = 霄壌
10.居然 = 無聊

です。

1級の対義語・類義語の問題は14-3からの出題なのでまだ歴史は浅いので、純粋な意味での重複率は低いのは当然でしょう。 問題となっている言葉の意味をどこまでイメージ出来るか、ということは重要になってきます。

 巨大はそのまま、大きいことですね。その反対の意味を表す語を選択肢から探せばいいのですが、この問題は過去問其の儘ですので、特に解説はしません。

 曩祖は少し艱しいでしょうか? 艱しいと感じるかどうか受験する人の語彙力にもよると思いますが、「曩」がわからなくても「祖」からイメージ出来るようにしておけばいいと思います。 「祖先」が出れば問題ないでしょう。 この反対の意味を表す選択肢を選ぶだけですので、末裔。 末裔という言葉自体もポピュラーだと思いますので、其れ程艱しくない考える必要はありません。 一見すると艱しいようでも少し落ち着いて問題を見てみると実は大して艱しくなかったという事例はよくあることです。
 
 潔浄も、清潔、浄水といったようにきよい、きよらか、といったイメージで解答出来ると思います。 反対の意味は汚い、ということだなぁと繫げることが出来れば、自ずと汚穢が選択出来るでしょう。え?出来ない? それは少し力不足かもしれません。

 雇傭は雇う、「傭」も傭うですので反対の言葉は解雇…があればいいのですが、一応一級なので馘首が選択肢を見るまでもなく思い浮かばないと厳しいかもしれません。 それにこの問題は過去問既出です。

 哄笑は、大声で笑うこと。 反対の意味なのですから大声で泣くことですので慟哭。 これも基本語です。 

 類義語問題の最初は淵源。「淵」は準一級配当ですが、ふち、物の多く集まっているところという意味があります。 それよりも寧ろ「源」に着目して起源を想起して欲しい。 淵源という言葉の意味を知っていれば難なく解答出来るでしょうが、もしわからない場合でも「源」みなもと、から濫觴を導き出して欲しいものです。 念のため、淵源は物事の起源という意味。

 民草は民から人民が想起出来ればいいのですが、選択肢から蒼氓を引っ張ってこれるかが問題。 蒼氓という言葉を知らないと少し艱しかったかもしれません。 問題側の言葉の意味がわかっていても選択肢側の言葉の意味がわからない、というパターンで、こちらは今回の問題の中では稍艱しかったかも。

 造詣は準一級でも御馴染みの言葉でしょう。 学問など、深く優れた知識や理解のことですが、漢検漢字辞典の見出し語の類義語欄にもばっちり蘊蓄が載ってます。 易しい問題ではなかったでしょうか。

 乾坤も御馴染みの言葉なので、特に解説を付しませんが、乾坤の意味がわかって、選択肢の霄壌が出てくるかどうかは些か疑問。 特に初受験者の方には少し艱しいか? 成美堂の13回に雲泥⇔霄壌があるが、これを確り遣っていた人であれば想起出来たかもしれませんね。
 
 居然。 じっとして動かないさま。 という意味の外に、することがなくて退屈なさま、という意味がありますね。 「居」からどこまで想像力を膨らませることが出来るか? じっとしている、あ~暇…。 というイメージが出来れば、無聊!という想起が出来るかどうか? 人それぞれでしょうが。

 対義語・類義語の問題は、一級に限らず、問題となっている熟語を見て、構成されている漢字を訓読みしてみるなどしてイメージを元に正答を導き出すというのも一つの方法ではないかと思います。 漢字はイメージです。 …と断言はしませんが、学習方法の一つとしては有意義かと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

音訓読み

2009年03月01日 23時38分09秒 | 18-2
 扨、後追いですが、少しずつこっそり更新です。

18-2の「七」音熟語とその熟語の語義にふさわしい訓読みの問題です。

勍敵 勍い
鐫録 鐫る
燮理 燮げる
嬋姸 妍しい
仄日 仄く

けいてき つよ(い)
せんろく ほ(る)、え(る)
しょうり やわら(げる)
せんけん うつく(しい)
そくじつ かたむ(く)

勍敵 勍い  
鐫録 鐫る  鐫る10-1読み
燮理 燮げる
嬋姸 妍しい  嬋姸 16-2読み
仄日 仄く

茲は重複が低い。 もう随分昔の問題なので諄諄解説する必要があるのか?と自身疑問ですが、取り敢えず問題くらいは紹介してなんとか20-3まで追いつきたいものです。

これだけだと余りにも無愛想なので、ほんの少しだけ私見でも。

 勍敵は「キョウテキ」と読み間違える事を出題者は意図したのではないか? 京都の京「キョウ」が想起されたのはあおむしだけか? 然し、景観、憧憬から「ケイ」が真っ先に想起出来れば解答出来たのかもしれません。

 鐫録は音符が雋「シュン」というところから考えるとひっかかりそうだ。 「セン」と読まないで「シュンロク」と読んだ人は多かったのでは?と思います。

 仄日/仄くも、ちょっと戸惑った方が多かったのでは? 字自体は簡単で、平仄「ヒョウソク」や仄「ほの」めかすという訓みは一級受験者のみならず馴染みのある訓みであり漢字だと思いますが、これを「かたむ」くと訓ます問題を出題してくるところが出題者の意地悪な一面を垣間見ることが出来よう。 あおむしが出題者でも篩をかけるという意味ではこういう問題は出したくなります。 仄という漢字は音読みでは仄聞「ソクブン」、仄韻「ソクイン」、下つきでは平仄「ヒョウソク」・・・ヘイソクではない。 何気に平が表外音読み。 訓読みでは「ほの」か、「ほの」めかす、がすぐに想起できようが、「かたむ」くという訓みがあるということを知ってる方がどれだけいたか? あまり仄々(ほのぼの)とした問題ではなかったのではないでしょうか?  ・・・個人的にはこういう問題好きですが。

 書きたい事は沢山ありますが、今日はこれくらいで。 18-2の問題を記事にしてるのはあおむしくらいでしょう。 参考にする方がおられるのでしょうか?という疑問を持ちつつ全く更新しないよりマシだと思い少しずつ遣ります。


   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

徐に

2009年02月08日 17時07分11秒 | 18-2
 再開します。 少しずつですが・・・。

18-2の続きからです。

六)次の熟字訓・当て字の読みを記せ。

1. 胡籙
2. 秧鶏
3. 蝲蛄
4. 珠鶏
5. 肉刺
6. 馬陸
7. 樹懶
8. 雪花菜
9. 玉筋魚
10. 後朝

解答は
1. やなぐい
2. くいな
3. ざりがに
4. ほろほろちょう
5. まめ
6. やすで
7. なまけもの
8. おから、きらず
9. いかなご
10. きぬぎぬ

今回重複は6割ですね。

1. 胡籙  14-1
2. 秧鶏  15-1
3. 蝲蛄  15-3
4. 珠鶏
5. 肉刺
6. 馬陸
7. 樹懶  6-2,11-2,14-1,15-3
8. 雪花菜 9-3
9. 玉筋魚
10. 後朝  14-2

前回の重複が100%だったので今回難しくしてきたようです。 この傾向からして次回は易しくなるのかな? また後日アップしますが・・・。
 今回は珠鶏が難問だったかもしれませんが、これは一ツ橋書店の漢検1級合格ノートのTEST18にありますね。 過去問、そして市販の問題集の熟字訓・当て字も押さえましょう。 然しこの設問は過去問を確りやればそこそこ対策出来る分野ですので先ずは過去問でしょうか。 また時間がある時に熟字訓・当て字の過去問をリストアップしてみようかと思います。 勿論、現在は出題されていない外国地名・国名等は除外します。

 不規則になるかもしれませんが今年は少しずつ更新します。 本試験はもう20-3まで終わりましたが・・・。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

休止中

2008年04月14日 00時41分48秒 | Weblog
 相当期間中断しているにも拘らず、 あおむしのブログを見に来てくれている方に深謝致しますが、再開は今後も未定です。 

 18-2の途中まで過去問との重複率を中心に発信してきましたが、 最近は過去問だけでは対応が困難な程に本試験が難しくなってきています。 これから1級を受験される方の参考になるような情報を発信していけるかどうかは疑問ですが、 落ち着いたらブログも再開したいとは思っております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

18-2 (5)

2007年07月01日 23時52分54秒 | 18-2
それでは続けましょう。

(5)は四字熟語です。

1.(  )望蜀 ア
2.( )同穴 イ
3.( )鉄壁 ウ
4.( )轂撃 エ
5.( )剔抉 オ
6.毫毛( ) カ
7.面折( ) キ
8.暴虎( ) ク
9.老驥( ) ケ
10.草満( ) コ

選択肢

かいとう、 けんま、 ていそう、 どうしょう、 とくろう、 
はら、 ひょうが、 ふか、 ふくれき、 れいご

11.憚る事無く直諌する。
12.血気にまかせた無謀な行動。
13.混雑しているさま。
14.国がよく治まっているさま。
15.災いは小さいうちに取り除くべきだ。

解答
1.(得隴)望蜀
2.(偕老)同穴
3.(銅牆)鉄壁
4.(肩摩)轂撃
5.(爬羅)剔抉
6.毫毛(斧柯)
7.面折(廷諍)
8.暴虎(馮河)
9.老驥(伏櫪)
10.草満(囹圄)

11.キ
12.ク
13.エ
14.コ
15.カ

先ず、単純に重複率だけ見ましたら、5/10問、50%と半分に過ぎません。 四字熟語問題は重複率が高い分野なのですが、殊今回の18-2では重複率が低かった様にに思います。 その分、初回受験者で、過去問や問題集で準備をされてきた方々にとっては少々難しく感じたかもしれません。 では簡単に。

1.(得隴)望蜀
2.(偕老)同穴 9-1, 16-3
3.(銅牆)鉄壁 5-2, 16-2
4.(肩摩)轂撃
5.(爬羅)剔抉
6.毫毛(斧柯)
7.面折(廷諍) 6-2
8.暴虎(馮河) 7-2, 13-1, 15-1
9.老驥(伏櫪) 6-1, 15-3
10.草満(囹圄)

 今回はこの分野の重複率が僅か半分だったことを考えると、少々艱しく感じたかもしれません。 9の老驥伏櫪も過去2回四字熟語問題として出題されていますが、2回共"老驥"を問うものでしたが、今回は"伏櫪"を問うものだったので戸惑った方もおられたのではないでしょうか?

 これを見てもわかるように、過去に出題されている問題でも今まで問われた事のない2文字を出題してくる可能性があるので、四字熟語は矢張り四字で覚えなければなりません。 あおむしは自作問題で1級配当の上2文字のみを空白にしたものは作りましたが、下2文字のものも作らなければと思っています。

 その他の新出四字熟語についても少しだけ。

 先ず、得隴望蜀ですが、これは4-1の故事・諺問題で"隴を得て蜀を望む"というのが出てます。 肩摩轂撃は成美堂06以降の5回の読み問題、爬羅剔抉は10回の四字熟語問題に出てます。

 あおむしは最後の草満囹圉も解答出来ました。 というのも漢検四字熟語辞典の1級配当のうち、補説欄に訓読のあるものを書き出していたからです。 これは四字熟語のみならず、故事・諺問題の対策にもなるからと考えたからです。

 草満囹圉は「草囹圉に満つ」とあります。 このように1級配当で補説欄に訓読のあるものは200弱しかありませんので、こういった視点からも四字熟語学習をしてみるのも一つではないでしょうか? あおむしはこの18-2ではこれで救われたと実感してます。

 どうでもいいのですが、このブログを編輯している間PC6回落ちたので今日はここまで。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続き

2007年06月29日 00時50分02秒 | 18-2
 何ヶ月振りでしょうか? にも拘らず、このアクセス数は! 驚くばかりです。

では、続き。 可也間が開いてしまいましたのでざっと?


4)語選択書き取り

1.人の心を惹きつけ誑かす。
2.力強く淀みのないこと
3.補佐すること
4.忙しく働くこと
5.蠢くこと

選択肢

おうしょう
こわく
さてつ
しゅんじゅん
ぜんどう
ちてい
ゆうえき
ゆうこん

もう過去問19年度版も出ていることですし、今更論う事でもないような気がしますが、敢えてマイペースで書いていこうと最近思います。 再開を鶴首されている方もおられるようですので。

正答は
1.蠱惑
2.雄渾
3.誘掖
4.鞅掌
5.蠕動

です。

この分野の重複率はまだ余り高くありません。 先ずは、蠱惑ですが、この蠱は過去に5回の出題があります。 7-1書き取り、8-3巫蠱として読み問題で、14-2、16-1の読み問題です。

 次に蠕動です。 これは過去に2回出てきてますね。 蠕動という熟語で書き取り、若しくは読みで出ているのは9-1の音読み問題と、13-3の書き取り問題です。

 単に過去問との重複という視点で見た限りでは2/5の40%に過ぎません。 

 合格するにはあと一歩踏み込んだ学習が必要でしょう。 合格者の方々は過去問は全部とは言いませんが、過去数年プラス問題集も解いて(それなりの正答率になるまで)本試験に臨んでおられるでしょうから、 そういった事を視野に入れると、2.雄渾は漢検協会の発行している「完全征服」に収録されていますし(あおむしの持っているのは(04年7/31 第1版第2刷 P.66)、3.誘掖は一ツ橋書店の漢検1級「合格ノート」のTEST.11の書き取りにあります。 4.鞅掌についても成美堂の本試験型問題集の06-08年度版(何れも中身は同じ)の第4回模試の語選択書き取り問題に全く同じものがあります。

 これら数冊の問題集と過去問+「完全征服」(とは言っても殆どが過去問の寄せ集め)があれば、今回のこの語選択書き取り問題は満点取れるということです。

 実際は難しいのでしょうが、 過去問だけでの合格は無理なので、 その他出版社の問題集も把握しておく必要性があるということです。

 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

重複率調査 国字書取り

2006年12月09日 18時02分56秒 | 18-2
 これは態々調査する必要は無いような気がしますが、参考までに。
基本的にこの問題は100%過去問と重複します。 というよりも漢検1級に出題される国字とされている漢字数は少ないのでいつでも書けるように不断の努力が必要です。 数が少ないからといってさぼっていると本試験で度忘れして漢字が出てこないという羽目になります。 

3)国字を書いてください。

1.クヌギ林の団栗を拾い集めた。  16-1
2.庭の草ムシりに精を出した。   16-1
3.カケスは樫の実を好み樫鳥ともいう。 13-2
4.入り口が狭くて肩がツカえる。   14-3
5.河原でチドリが頻りに鳴いている。 15-2


ここは絶対落としてはいけません。 基本的に満点で通過出来るようにしておきたいものです。 1級ともなると1点を争う試験ですのでこういうところで落として不合格となってしまうと悔しくて夜も眠れません。 得点出来るところは確実に得点しておくというのが基本です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

重複率調査 書取り

2006年12月09日 17時39分42秒 | 18-2
 可也間が空いてしまいましたが、問題2の書取り重複率です。 例によって参考程度でお願いします。

2)カタカナを漢字に直して下さい。

1.書類の重要箇所にフセンを貼る。  11-3 文章題の「詩箋」
2.クンジョウ剤を用いて虫を駆除した。 10-2 
3.新雪は朝日をうけてバラ色に輝いた。 13-1 故事
4.口舌の徒をダカツの如く嫌った。   9-3,12-1
5.林檎の芯をクり貫いた。
6.本堂の屋根に新たなシビを設えた。  15-2
7.見知らぬ者達がチンニュウしてきた。 6-3、15-1 音読み
8.表現が巧みでゴイも豊かだ。     13-3
9.勤倹力行して財産をコシラえた。   7-1、14-2 「腹拵え」
10.刀を振りカザして構えた。      9-3訓読み、14-3訓読み
11.優勝争いは決定戦にモツれ込んだ。  16-1
12.キタンのない御意見を伺いたい。   14-1
13.世に喧伝された異聞キタンを集成する。
14.初出場の選手が優勝をサラった。   10-1 
15.落ち葉の溜まった溝をサラう。    5-2訓読み、6-3訓読み、12-2

何らかの形で過去問と重複しているのが13/15個、86.7%もありました。 過去問をしっかりやっておけばほぼ解答出来たものと思われます。 残りの5番の問題は一ツ橋書店の 漢検1級合格ノ-トのTEST10の書取りに「襟刳り」というのがありますが、ここから類推出来れば解答出来たかもしれません。 また、13番の異聞キタンは「異聞奇譚」という四字熟語を知っていれば難なく解答出来るでしょう。 四字熟語の重要性が茲にも出てますね。

今回の書取り問題では出来れば満点取っておきたいですね。 要は過去問との重複率が高い問題は、過去問をしっかりやっておけば本試験でも易しく感じるものです。 そういう観点から今回は易しい問題だった様に思いますが、如何でしょう? 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

重複率調査 読み

2006年10月30日 23時40分51秒 | 18-2
 過去問を知悉した状態で本試験に臨んだらどれくらい得点出来るのだろう? これはあおむしの最も注目している点であり、 その重要性は如何ほどか、 これを具体的に明示したものを見た事がない、というわけで疾がましくもあおむしが自分でやってみようということで前回より過去問との重複率を調査しているものです。 要は一番重複率がある問題集は結局過去問であり、他の問題集をするよりも効率としてはこれが一番よく、合格への捷径となりうると確信しています。
 今回は過去問全体からその重複度合いを見てみることにしましょう。

1) 次の括弧内の漢字を読んで下さい。 1~20が音読み、21~30が訓読み

1.一再ならず(巻帙)綻んだ。 14-3、13-1帙
2.(東瀛)の島嶼を歴巡した。 6-2 瀛海
3.太孫が(儲位)に即いた。  これは準1級配当
4.諸々の繋縛を(斫断)する。  16-3 の7)音熟語・訓読み
5.麦畑の(嫩芽)が目立ち始めた。 15-1
6.(稼穡)懈らずおのずと産を成した。 8-3故事・諺の書取り
7.(不腆)ながら微意を表したい。  
8.(赭髥)を蓄えた老人が現れた。  16-3
9.(目睹)した者は少なくない。   16-1 7)音熟語・訓読み
10.貧窶(困阨)の甚だしきに驚く。
11.(巾幗)の身をも忘れ奮い起った。 10-1、13-2
12.燭を(仏龕)に点じた。      16-2文章題読み 龕前、15-2 龕灯
13.(倏忽)として黒雲が空を覆った。 15-3
14.領や肘が(垢膩)に汚れていた。  14-1 粉膩
15.(譎詭)や不正不義が蔓延っている。 10-3 譎詐
16.(嶷然)たる岩山が開っている。
17.敬服に値する(剴切)な考えである。
18.(嬖愛)する臣下の言を用いる。
19.過激にして、(蜂蠆)の毒に犯さるること毋れ。 7-2,10-1,15-1
20.蔬食・(菜羹)と雖も必ず祭る。        15-1 藜羹
21.組織に(罅割)れが生じている。        7-1
22.独活を(饅)にして一献ふるまう。
23.小包をひもで(紮)げる。
24.記憶の中の娘の姿は(璞)のままだ。
25.(遽)しい足音が通り過ぎた。         15-1
26.帰宅してひとまず(框)に腰を下ろした。
27.万葉集の名歌を(鈔)す。
28.諸兇すでに去るに(曁)ぶ。
29.俗を斉え弊を(拯)い、民嘉せざるなし。    9-3,14-2
30.法正しければ則ち民(愨)む。


こうして見てみると、なんらかの形で今回出題された読み問題の漢字を過去問をやっていればどこかでお目にかかってるはずだというものが17/30個 約57%もあります。 ざっとやってみましたので参考程度に。

過去問をやるだけで6割近く得点出来るのなら、やはり過去問を先ず基本として押さえておくべきでしょう。 

今回は訓読みの重複が少なかった感があります。 過去問以外で重複が見られるのは成美堂の模試問題集でしょう。 茲ではそれを論いませんが、今後余裕が出来たら、過去問+問題集でどの程度得点出来るのか見てみたいと思います。

 今回の読み問題、正答率が低いと予想されるのが10.の困阨(こんやく)、これは9-3では阨狭(あいきょう)で出題されているのです。 ヤクとアイの使い分けが出来るか、それぞれの熟語を知っているかが正答の鍵かもしれません。
 次に16.の嶷然(ぎょくぜん)これも落とすつもりで協会は出題してきたと思います。ぎぜんと書いた方が多かったのではないかと思います。 個人的な事を申し上げて恐縮ですが、今回はこの問題は正解。 自作問題の中でも一際目立って特別な読みとして光っていたので覚えていました。 魏や疑は自然とギとなってしまいそうですが、 今回はこの熟語自体を自作に収録してました。 ひっかけで出るかもしれないと思ってですが。 見事的中。 最後の30.愨む(つつし)むも収録。 自作問題に救われたものが今回は多かったです。

今回ここは28/30点。 読み問題は難しいので先ずは20点以上を獲得出来ればいいと考えましょう。 
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加