お湯の国 日本

「泉研ブログ」美しい日本の温泉地中心の旅記録 【ブログ記事・映像は著作権、人権保護により無断使用を禁じます】

大沢温泉(鶴田町廻堰)

2017年03月07日 | ♨青い森名湯巡里 ・

入浴速報:青い森名湯 大沢温泉(健康福祉保養センターつがる富士見荘) 2017.3.6)≫
映像:浴室展望窓中央部に鶴の舞橋、右に岩木山(2009.10.24撮影)

津軽の春は遅い。ここ、奥津軽は心なしか雨雪模様。
そんな中、奥津軽の名湯を味わう。重曹を含む源泉。
肌にしっとりと馴染んで温だまる。温泉が活きてる。

泉質:食塩泉(含重曹) 41.5pH=6.77 大沢温泉2号泉

(過去の記録:2013.04.19)
春うらら、ようやく奥津軽も過ごしやすい気候だ。
まだ草花に早いが津軽富士を眺めながらの入浴は
最適の季節。一年振りに富士見荘の名湯に浸かる。

『青森県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 銀座の柳(中央区銀座通り) | トップ | 大崎八幡宮(宮城県仙台市) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

♨青い森名湯巡里 ・」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。