お湯の国 日本

「泉研ブログ」美しい日本の温泉地中心の旅記録 【ブログ記事・映像は著作権、人権保護により無断使用を禁じます】

あづまや環湯(和歌山県湯之峰温泉)

2010年11月06日 | ♨西日本中部名湯 ・

メモワール:にしにほんの湯・環湯(湯之峰温泉)2010.11.6≫

世界歴史遺産熊野古道の海側の麓にある温泉。謂わば霊山の
入山基地、もしくは清めの湯処である。今般は旅館あづまや
民宿部門にお世話になったがお湯は旅館部環湯を利用できた。

泉質:重曹泉(硫黄泉・食塩) 92.5℃ PH7.6 湧出量92ℓ(毎分) 
源泉名:環湯
参考本物の名湯ベスト100‐3湯の峰温泉(講談社現代新書:石川理夫著)
学術:日本温泉地域文化資産NO.89 「つぼ湯」と「湯筒」(日本温泉地域学会編) 

『和歌山県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 青函温泉観光フォーラム | トップ | JR法隆寺駅(奈良県大和路線) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

♨西日本中部名湯 ・」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。