お湯の国 日本

「泉研ブログ」美しい日本の温泉地中心の旅記録 【ブログ記事・映像は著作権、人権保護により無断使用を禁じます】

鰐come(大鰐町地域交流C)

2017年04月29日 |  ◯ あおもり 湯処 ・

入浴速報:鰐Come(大鰐地域交流センター)2017.4.29

大鰐町には平川沿いに代表的な共同浴場がある。その形態はむかし懐かしいガラス
戸、階段浴室、丸・角浴槽、溢れる源泉…。湯の街大鰐を代表する顔であり、温泉愛
好家の楽しみでもあった。泉研は共同浴場と共存する新たな施設を要望したのだが。
新設「鰐come」は広くて綺麗カランも多く露天やサウナもあるので町民は皆集中する
観光客も車で乗りつけて町を周遊する事なく立ち去る。温泉街は益々寂れる。浴衣、
下駄の観光客が平川沿いを散策なんて夢。現存4つの共同浴場はどうなるんだろう?

泉質: 食塩泉(含芒硝) 66.4℃  PH7.4 成分3.032g/kg 源泉:統合泉(青柳3号泉、公民館源泉)
  

現況:開湯800年津軽の奥座敷として往時の姿は無いそれでも共同浴場4、公衆浴場1
 〖大湯会館、青柳会館、茶臼湯、若松会館、正観湯〗が営業してる(2017.4.13現在)。平成
 22年に大鰐町街中には8つの共同浴場があったが、寿乃湯(22年)、羽黒湯(25年)、
 萩乃湯(27年)、山吹湯(29年)等が建物老朽化と利用人員の減少などで閉鎖となった。

保存:中心部各町内に4つしか残っていない共同浴場を町内外の人達の利用増で存続
  する事を願わずにはいられない。便利な大型施設とは違う普段着の温泉を守りたい

参照 霊湯大湯共同浴場  青柳会館共同浴場  若松会館共同浴場

考察:大鰐町交流センター:鰐come は平成16年に17億円の巨費をかけて新設された。
   しかし、平成11年に97億の債務を抱え、大鰐町が関わる大鰐地域総合開発㈱が
   倒産している。この会社はスキー場やスパ施設「スパガーデン湯~とぴあ」などの
   リゾート施設を運営。会計が違うといっても大鰐町民が負担する事には違いない。
   この無責任な箱物行政(国にも責任あり)こそ、今日の大鰐町の衰退の主因である。

『青森県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 法師温泉外観(群馬県) | トップ | 若松会館(大鰐町大鰐温泉) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。