お湯の国 日本

「泉研ブログ」美しい日本の温泉地中心の旅記録 【ブログ記事・映像は著作権、人権保護により無断使用を禁じます】

高木恭三詩碑(津軽半島)

2017年08月13日 | ✒ 文学 逍遥 Japon ・

映像:袰月海岸高野岬キャンプ場に設置された方言詩人:高木恭三の詩碑。

僻地の苦しみ悲しみを一身に背負ったように流れでる津軽弁詩は圧巻である。

碑文: (青い文字をなぞって、声を出して読んでください)

この村サ一度(イヅド)だて (シ)コあだたごとあるガジヤ (エ)の土台(ドデ)
コアみんな 潮虫(スオムシ)ネ噛(カ)れでまてナ 後(ウスロ)ア塞(フサ)がた高(
タ)ゲ山ネかて潰(ツプ)されで海サのめくるえンたでバナ見ナガ あの向(ムゲ)の
(シ)コあだてる松前(マヅメ)の山コ あの綺麗(キレ)だだ光(シカリ)コア一度(
イヅド)だて 俺等(オランド)の村サあだたごとアあるガジヤ みんな貧ボ臭せく
てナ 生臭せ体コしてナ 若者等(ワゲモノンド)アみんな他処(ホガ)サ(ニ)げで
まて 頭(アダマ)サ若布(ワガメ)コ生(オ)えだえンた爺媼(ジコババ)ばりウヂヤウ
ヂヤてナ ああ あの沖(オギ)バ跳(ハネ)る海豚(エルガ)だえンた倅等(ヘガレンド
)ア 何処(ド)サ行(エ)たやだバ 路傍(ケドバダ)ネ捨(ナゲ)られでらのアみんな
(ムガシ)の貝殻(ケカラ)だネ 魚(サガナ)の骨(トゲ)コア腐たて一本(エッポ)の樹コ
ネだてなるやだナ 朝(アサマ)も昼(シルマ)もたンだ濃霧(ガス)ばりかがて 晩(バ
ゲ)ネなれば沖(オギ)で亡者(モンジャ)泣いでセ

この詩は彼が今別で4ケ月間代用教員をしていた頃を回顧、地元民の苦しみを表現。

参考:高木恭三 ・・・ 方言詩人 (医師:旧制弘前高校・満州医科大学卒、弘前で眼科医院開業)

参照まるめろの花(弘前城植物園)

『青森県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 遥かなるルネサンス (青森県... | トップ | カルデラ温泉館(黄金温泉) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

✒ 文学 逍遥 Japon ・」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。