お湯の国 日本

「泉研ブログ」美しい日本の温泉地中心の旅記録 【ブログ記事・映像は著作権、人権保護により無断使用を禁じます】

温泉で心と身体をケアする方法: 監修(テラピスト)

2017年04月01日 | ✒ 研究 執筆 Japon ・

入浴ケア情報  試行温泉地:不動の湯(板柳町高増温泉)  監修:筆者  ≫

入浴のケアメニュー : 他の客がいないことを確かめて!(所用時間:約80分)
浮力ケア入浴・・・不動像側縁に首を乗せ浮力を利用し全身を浮かせて腰圧迫を除去
             
身体を首と両かかどの三点で支え、浮力で浮遊
      
 ※この場合、浴槽の縁が湯面から一㎝以内でないとこの姿勢が難しい
温熱ケア入浴・・・全身(主に腰)を42.5℃の温泉で温め、血行を促して筋肉緊張緩和
             
心臓から下の半身浴、からが滲み出したら上がる
・熱交互浴・・・カランの28℃の冷泉浴びと42.5℃の源泉・熱反復交感神経刺激
             
カランの冷水洗面器で浴び、湯船に浸かる
浴室ケア運動・・・床に寝転んで下半身、両腕の上げ下げ各20回、四肢運動機能維持
             
ゆとりがあれば正坐を左右に20回、グルリ回し5回
歩行浴運動・・・・不動像から徐々に深くなるので歩行浴を行い、歩行浴マッサージ効果
             
およそ15歩の歩行浴が可能なので往復×2回
全身洗浄ケア・・・入浴歯磨入浴頭顔洗入浴全身シャボン洗入浴上湯
             
入浴はこのパターンに拘らない。体調に合わせる
  結果:腰の気になる凝り(痛み)がとれた。勿論、精神及び体調は健康モードを回復
     ※皆さんもこのケアメニューを、他の入浴者に気を使い、お試しください

『青森県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 100円温泉(青森県黒石市) | トップ | 鷹の羽温泉(平川市本町) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

✒ 研究 執筆 Japon ・」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。