お湯の国 日本

「泉研ブログ」美しい日本の温泉地中心の旅記録 【ブログ記事・映像は著作権、人権保護により無断使用を禁じます】

弘法湯(甲府湯村温泉)

2016年12月28日 | ♨関東甲信越名湯 ・

映像:弘法湯(別名:杖温泉)温めの源泉があふれ出る湯殿

山梨県の温泉といえば、甲府盆地の葡萄酒風呂を想起する
今日は山梨県立美術館の近くの甲府湯村温泉を利用する。
その昔作家太宰治も利用した知る人ぞ知る名湯の地である。

泉質:単純温泉(弱アルカリ性) 37.8℃ PH8.45 源泉名:弘法湯

浴感:初夏の入湯だったので38℃前後の源泉湯は心地よい。
  この温度、この泉質は青森県姉戸川温泉を感じる。二階
  から富士高嶺が見える湯宿はやはり名湯といえるだろう。

現況:昭和初期多くの文人達が宿った温泉地であったが今回
   利用した弘法湯など2、3軒の温泉宿が細々営業の状況

『山梨県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 羊飼い(フランソワー・ミレ... | トップ | 武田神社(山梨県甲府市) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

♨関東甲信越名湯 ・」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。