お湯の国 日本

「泉研ブログ」美しい日本の温泉地中心の旅記録 【ブログ記事・映像は著作権、人権保護により無断使用を禁じます】

寄宿舎(群馬県富岡製糸場)

2017年05月11日 | 🌏 世界遺産 Japon ・

冨岡製糸工場の主役は工女たち。その工女が生活する場所が寄宿舎だ。
工女たちは「富岡乙女」ともいわれ当時の生活としては優遇されてい
たらしい。全国から集まった乙女達は今でいうキャリアウーマン集団

待遇:一等工女25円 二等工女18円 三等工女12円 等外工女9円
給料は月割りで支給。別に作業服代として夏冬5円支給、寮費無料
明治期の貨幣価値は一等、工女で1,183,744円。月給にして98,645円。
しかし、衣料費、生活日などが無料なので実質30万~50万円の収入。

参考687.5(平成10年企業物価指数)÷0.632(明治40年企業物価指数)=1,088(倍)

      (2017年 信州・上州温泉探査紀行 完
参照信・上州探査 猿ヶ京温泉 浅間温泉 法師温泉 川古温泉 宝川温泉
      上牧温泉 龍ヶ窪温泉 百合居温泉  美ヶ原温泉 貝掛温泉

『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ナナカマド(自宅2017初夏) | トップ | 北向観音(長野県別所温泉) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。