お湯の国 日本

「泉研ブログ」美しい日本の温泉地中心の旅記録 【ブログ記事・映像は著作権、人権保護により無断使用を禁じます】

黄菖蒲(種差海岸・花の渚)

2017年07月17日 | 🌷 草花探勝 Japon ・

ショウブと言えば紫を想像してしまうのだが、ここ種差海岸では
ご覧の通り黄色なのだ。青い空、白い雲、碧い海、黄色い菖蒲、
緑の芝・・・三陸復興国立公園を代表する景観ともいえるだろう。

花言葉:消息、友情、音信、復讐、信じる者の幸せ、幸せを掴む、
      私は燃えている
危惧
:黄菖蒲(キショウブ)はヨーロッパ原産の外来種で明治期頃から
   日本国内に拡まり強い繁殖力から「要注意外来種」とされる。

                  2017初夏 三陸復興国立公園種差海岸花の渚トレッキング 完

『青森県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ナンテンハギ(種差海岸-花の渚) | トップ | JR成田駅(千葉県成田線) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。