小海線から 八ヶ岳を 見てみたい… 

平成19年大河ドラマ「風林火山」の感想を少しずつ書いていく「予定」です…

佐助の生まれた年には、勘助が!

2017年05月16日 00時24分46秒 | 2016年NHK大河ドラマ「真田丸」
「真田丸」は、毎週欠かさず、見てました!感想ちっとも書かなかったけど、すごく面白かったです。

それはともかく、今日ある時、ふっと、
『「真田丸」の佐助は「風林火山」の伝助と葉月の子!だったらいいなー』
なんて妄想を「真田丸」の放送が始まったころ抱いていたのを思い出しました。

そういえば「真田丸」の最終回で、佐助は自分の年齢が五十五歳だと言っていたので、果たして伝助たちの子として生まれる事が可能か、数えてみました。

この時代の年齢は数え年で示すはずだから、1歳のときが生まれ年。

佐助が五十五の時に大坂夏の陣(1615年)なら、1歳の時は…1561年、

第四次川中島の戦い!って
勘助が討死した年じゃないですかー!

この時点で、伝助・葉月はもう夫婦になっているので、佐助は「風林火山」の最終回の直後に生まれた事にすれば、ギリギリ可能だ!

でも伝助が武田の家来なのに、佐助が真田の領民で百姓の身分ではつじつまが合わないなあ。

………………………じゃあ、

伝助が早死にして、葉月が故郷に戻って一人で子どもを育てた、という事にしよう!
もともと葉月は真田幸隆に仕える素っ破だったんだし、当然上田が故郷だよねー。

…伝助、ごめん…
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「サバイバルファミリー」面... | トップ |