リベラルくずれの繰り言

時事問題について日ごろ感じているモヤモヤを投稿していこうと思います.

安倍1強につける薬はないか

2017-06-30 | 政治
安倍1強のもとやりたり放題の現状に,国会での絶対多数を与えてしまった以上,なすすべはないのかと絶望感に駆られてしまいそうになる.だが安倍1強といえどアキレス腱はある.
森友学園,加計学園の問題で当初おざなりな調査で「文書がみつからなかった」と結論付けていた文科省が,世論の高まりを受けて調査したのがその一例だ.(そしたら「みつからなかった」はずの文書が出てきた!)
野党が要求している国会の「閉会中審査」というのも政府は「都議選後に総合判断する」としているらしい.つまり都議選で自民党・公明党が信任を受ければ調査は突っぱねる,大敗して逃れられなくなればやむなく応じる,ということなのだろう.つまり都議選で安倍政権に対するノーを突きつけることで,与党が絶対多数を握る国会の動向も動かせるということなのだ.
もちろん一般論としては,調査したらシロだったということもありうる.現に森友問題の当初,安倍首相は自分が関与していたら職を辞すとまで言っていたと思う.だがないはずの文書が出てきた.怪文書だと言っていたものが調べてみると文科省でもみつかった.これだけ政府の主張が次々に覆るのを見ていると,ちゃんと調べればまだまだ出てくるものがあると思わざるを得ない.
これまで野党の追及にまともに向き合おうとしなかった政府の強気の姿勢も,つい最近まで世論調査での内閣支持率が高止まりしていたことがある.だがその支持率もここにきて「急落」していると報道されている.国会の多数を握っている相手であっても動かすことができる.その絶好の機会がこのたびの都議選だ.
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リベラルくずれでも安保法制... | トップ | ローカル線の廃線は許せない…... »
最近の画像もっと見る

政治」カテゴリの最新記事