トンヤイの個人ブログ 立正佼成会館山教会の一会員

立正佼成会館山教会一会員の個人ブログです。
記事・内容を館山教会に問い合わせても対応はできません。

一食を捧げる運動SkipMail170701

2017年07月01日 10時46分36秒 | 一食を捧げる運動
本日は「一食を捧げる運動」の共通実践日です。今回は開祖さまのご法話をお届けいたします。

「大安心の道」
 なんの心配もない大安心は、どうしたら得られるかというと、それは、自分が仏国に生まれていることに気づくことから始まるといっていいでしょう。
 「自分を取り巻く山川草木、すべて仏ならざるものはない。そのご恩に預かって自分が存在しているのだから、そのご恩報じをしなくてはならない」という考えにならないと、仏法が生きてこないのです。
 「こうしてあげたじゃないか」「ああもしてやったじゃないか」と、まわりの人に恩を着せるような考え方をしていると、「私があんなにしてやったのに、こんな仕打ちをされた」と恨みになってしまい、安心は得られません。
 まわりのみなさんに生かされているのだから、できるかぎりのことをやらせてもらおう、というのが捧げる心です。それに徹している人は、人に恩を着せることがありませんから、まわりのみんなに、心からありがたがられます。人にありがたがられると、こっちもうれしくてたまらなくなってきます。そういう人が増えれば増えるほど、世の中が愉快になって、安心が広がっていくのです。
(開祖随感7巻 昭和61年)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国連WFP プレスリリース | トップ | 一食を捧げる運動SkipMail170715 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。