週末園芸日記

週末の花と野菜の園芸作業を中心に、ブログってます。

稲の種まきと育苗トンネルの設置

2017年05月13日 08時07分31秒 | 田んぼ
5月13日
今年の米作りが本格的に始まります。
今日はあいにくの雨模様でしたが、稲の種まき(もみ振り)をしました。


今年は育苗箱の底に敷くシートを買ってきました。
これを敷いておくと箱の底の穴から根が出ず、田植機に移すのが格段に楽になります。


育苗箱に専用のマットを敷いて水に浸します。



効率化のため、何枚かを並べて流れ作業ができるようにします。


種もみを専用の機械に入れて蒔きます。
育苗箱には、この機械用の緑の枠をはめておきます。


もみが薄くなったところは、ざっと手で足し蒔きします。


育苗用の土で覆います。
種もみは機械を一回だけ転がしましたが、土は3回転がします。


苗床は、あらかじめ耕耘して平らにして、黒マルチを敷いておきます。
その上に鉄パイプを並べて、水が抜けるようにしておきます。


今年は、うるち24枚、もち4枚にしました。


段ポールを2本つないだものを骨組みにして、銀色の遮光保温シートでトンネルにします。
風が通らないように、両脇は土をかけました。


写真を取り忘れましたが、段ポールの中心に散水用のホースをセットしています。
これで水やりが楽にできるはず。


風雨を避けるように、ブルーシートで覆ったら完成です。


ここまでの作業時間は2時間弱。
あらかじめの段取りがあってですが。
この後は天気にもよりますが、1週間後くらい置いて芽が出揃ったら、シートを外して日に当てて、毎日3回水やりをして育てていきます。
田植えは6月第一週の予定です。
『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 庭先のプランターを夏の花に... | トップ | 畑の様子 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

田んぼ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。