西伊豆土肥 青木興業のブログ

土木・建築・設計
青木興業を知っていただくために日々の業務を紹介致します―

登山部ができました!

2017年07月10日 | 登山部
社員同士、静岡県民として、世界遺産になった富士山登頂を、かねてから熱望していたので、今回強引に登山部を発足しました。

部員は半ば強引な勧誘により9名。1人を除き皆が初心者。

まずは登山用具の準備から。3万円から5万円をかけて、ザック、登山靴、登山服などを購入。皆で見せ合い、登山時の苦痛を知らない者同士、はしゃぎまわってました。

登山日はマイカー規制前の週末金曜日(7月7日)。吉田ルートにて。雨天延期で夜登山開始。脱落者は各自下山。御来光を拝み、できればお鉢巡りを行う予定。いわゆる弾丸登山というやつです。(初心者にはお奨めできません)

当日、富士吉田口に向かう途中で酒好きな何人かが酒盛り。こんなんで頂上まで登れるんだろうか。



富士吉田口に夕方6時ごろ到着し、少し休憩。登山着に着替え、記念撮影を。そんなこんなで、初心者なため、居ても立ってもいられず、少し早いが早速登山開始。



まずは、酒盛り部隊。6合目まで向かう途中、天気は良いのにその人たちだけは夕立をを浴びたような状態。頭から全身びしょびしょ。飲んだ分をすべて放出。今となっては吉田ルートの6合目までが緩斜面で良かったと思う。富士宮ルートだったらたぶんリタイヤ。

天気に恵まれたせいか、7合目までは何とか順調に到着。8合目付近から高山病の症状が現れた者が出る。頭痛。めまい。息切れ。
この辺からは、自然とそれぞれに分かれ、各自のペースにて登る。やはり無理をせず、十分な休憩が必要。

9合目が登れども登れども到着しない。何とか全員9合目までは行きたい。9合目を通過すれば、皆が頂上までいけるような気がする。

小さな看板の9合目に到着し(気づかなかった人が多い)、残り1合。ここからが狭くて急勾配。低酸素で足が上がらない上に、横に交わす場所も少ない。ここは全員、死に物狂いで登ったと思う。気持ち的には先が見え、気合を入れ直しているが、体がいうことを聞かない。9合目以降は、皆がきつかったと言っていた。



そんなこんなで、全員が山頂まで到着。体格の良い人もいた中で脱落者ゼロとは、我社の底力がが見えたような気がする。

運よく御来光を拝み、お鉢付近で記念写真を撮る。



お鉢巡りに行こうとしたけど、全周が解禁で無いのと疲労者多数なため、下山班と山頂周遊班と別れる。
ところが、霧が出てると共に、駿河湾が見えないということで、周遊班も下山となる。

今回の富士登山を終え、年2回ペースで登山部として活動していきたいと思う。
次の候補地(秋)は毛無山かな。今度は遠くから富士山を望もう。

さて、何人残るやら。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 老後の生活のために個人年金... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。