フランス大統領夫人とエリゼ宮の女たち イザンベールまみが政治論議交えて語ります

フランスのファーストレディや女性閣僚。大統領官邸、エリゼ宮の女性達のキャリア、信念、ファッション、そして恋。

Vol.2 新大統領夫人ブリジット 女は若さじゃない。恋に命をかける覚悟。

2017年05月13日 10時37分59秒 | 日記
 写真は、別荘がある英仏海峡に面した海岸、ル・トゥケ・パリ・プラージュでのマクロン夫妻。パリマッチ誌の表紙から。

 24歳年上、マクロン新大統領がブリジットに出会った16歳の時。彼女は40歳で三人の子持ちの人妻。高校の先生と生徒の禁断の恋?新ファーストレディ、ブリジットさんは、とやかく言おうと思えばとやかく言える。だけど、言ったほうがみっともなく見えるから皆、言いません。なぜでしょう。このサッパリ感。ブログ第二回目は大統領官邸、エリゼ宮の新たな女主人になるマクロン夫人、ブリジットのスタイルを語りましょう。プロポーション。ファッション。恋愛。3つの意味でブリジットのスタイルとは?

 フランスの女性雑誌Galaも「ブリジット・マクロンの魅力 ここで差がつく」という特集を組んでいます。

奇跡の体型

 64歳の今でもオリンピック選手並みの体型を保っているのは運動を欠かさない習慣のおかげ。フランス人は週末は郊外の別荘で過ごす習慣がありますが、マクロン夫妻の別荘は英仏海峡の海岸、ル・トゥケ・パリ・プラージュ。とても立派な別荘です。マクロン新大統領夫妻は、ブリジットのお子さん3人、お孫さん7人という大家族ですからね。写真はフランスインフォ(Franceinfo)さんから。


 フランスの新大統領は若干39歳の若さなのに、義理とは言え、おじいちゃん。義理の息子が自分より年上。同い年の義理の娘、ロランスは高校の同級生でブリジット先生の娘だったというような井戸端会議は飛ばして先へ進みます。ついでに、昔の都知事が「文明がもたらしたもっとも悪しき有害なる物はでんでん」と言ったとか、くだらない話も飛ばします。
 
 ブリジットが体型を維持している秘訣は、毎週末の海岸の散歩に加えて、パリでも普段からスポーツジム通いを欠かさないからだと報道されています。この努力あってこそ、奇跡のミニスカートとハイヒール。


 運動を欠かさない努力。初老の域を迎える筆者も反省してがんばろうと思いました。「40を越えたら女のスタイルは自分で責任を持て」です。

カリフォルニアガールのような髪と肌

 ブロンドでよく日焼けした元気なルックスはカリフォルニア風とフランスでは称賛されます。想起されるイメージはセレブで余裕ある暮らしでしょうか。ひと昔前のフランスでは冬でも日焼けしている人は、シャモニー(シャモニクスと発音するとシックに聞こえる)でスキーをしているセレブのイメージでした。最近、日焼けはどうかというスキンケアの専門家もフランスに増えてはきました。日焼けはシワやシミの原因になるからです。ところがブリジットは「若く見せようとしない」。これから彼女の写真は多く出ると思いますが、けっこうしわくちゃです。よく笑う人ですからね。整形でシワをとって美魔女とか、そういう考えに程遠いのがブリジットさん。体型も大人の体型だけど鍛えて保つ。

ロックンロールな生き方はアイメイクに

 わたくし達日本人女性が目をアイラインで目を額縁のように囲んでも、ブリジットさんのようにはうまくいきません。目の色がダークブラウンだから映えない。メイクの技も努力の賜物と言えば、そうなのですが、生き方がロックだからこのメイクなんですね。ブリジットの恋愛が全然、オッケーなのかというと、いくらフランスでもそうはいきません。

 マクロンが高校教師に恋していることを知ったお母様はブリジットにこう言ったそうです。「あなたはお子さんもいて人生の喜びを知っている。でも、うちの息子は永遠に子供を持つことができないかもしれない。息子が18になるまで絶対に会わないでください。」

 ブリジットは答えた。「何もお約束できません。」
お約束できない。これが真実の恋ではないだろうか。ティーンエイジャーのエマニュエル・マクロンにブリジットが惹かれたのは、並外れた知性と聡明さ。自分が教えている生徒の知性に惚れたのですよ。すごいことだと思いませんか。教えてあげている立場だからという決めつけがない。ロックンロールな恋。教師と生徒が対等な立場で議論しあうフランスのリベラルな雰囲気が伝わってくる逸話ですね。

 エマニュエル・マクロンがブリジットと引き離され、パリの高校に転校させられても週末になると二人は故郷、アミアンで会っていた。普通のデートです。裕福な製菓業者だったブリジットの実家のプールサイドで語り合っていた。

 転校先のパリの名門校、アンリ4世高校の同級生がインタビューに答えています。「エマニュエル・マクロンはイケメンで人気があったけど、彼の心の中にはずっとブリジットしかいないことはわかっていた。エマニュエルは何も言わなかったけど、それが前の高校の先生だということは皆、知ってた。」

 人妻であっても、教師であっても、同級生のお母さんであっても、両親にどれほど反対されても、自分の愛する女はこの人だけだと愛されたブリジット。そして、どんなに白い目で見られようとも、自分の子供より年下であろうが、人柄と知性を尊敬し、エマニュエル・マクロン新大統領を愛しぬいたブリジット。


 ロックンロールな生き方は勇気がいる。



参考資料はフランスのGala誌ブリジット・トロニュー(旧姓)特集:

”Brigitte Macron : ses 5 atouts beauté POURQUOI SON STYLE PEUT FAIRE LA DIFFÉ­RENCE ?" http://www.gala.fr/beaute/beaute_de_star/brigitte_macron_ses_5_atouts_beaute_388762http://www.gala.fr/stars_et_gotha/brigitte_trogneux
Amiens, Paris, Le Touquet : Emmanuel Macron, candidat sans fie:http://www.francetvinfo.fr/politique/emmanuel-macron/amiens-paris-le-touquet-emmanuel-macron-candidat-sans-fief_2162526.html

『コラム』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ |   
最近の画像もっと見る

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。