青い夜更け

見果てぬ壮大な夢

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あなたにとってのハルカトミユキにまつわる感動エピソードを教えて下さい

2016-12-31 15:10:03 | 座談会
正月休みを利用した座談会も今日で3日目。
一昨日、昨日とたくさんの方にお集まり頂きありがとうございます。
(見てるだけ、の方も含め2日とも100件以上のブログアクセスがありました)

しかし、昨日の「LIFE TOUR」への質問はこういう場では不適切だったのかもしれない、という反省から
今日のテーマはほのぼのとしたものにしました。

記事タイトルに書きましたが、ズバリ
「あなたにとってのハルカトミユキにまつわる感動エピソードを教えて下さい」
です!

大晦日ですし、イヤなこともひとまず忘れて良い年を迎えたいな、と思いまして。



「感動エピソード」と言いますが、大げさに捉える必要はないです。
日々生活する中での良い思い出、心に響いたこと、そこにハルカトミユキと接点があればOKです。

例えば
「LINEで繋がった友達にハルカトミユキを薦めたら、好きになってくれて嬉しかった」
とか
『LOVELESS/ARTLESS キーホルダー』を付けていたら『センス良いね』『カッコいい』と言われた」
とか
「インストアライブの時、ハルカさんにプレゼントを渡したら、とても嬉しそうな笑顔で受け取ってくれた。八重歯が可愛かった」
などです。



ちなみに
「野音での『奇跡を祈ることはもうしない』での口上は震えるくらい感動した」
というようなものはライブそのものの感想なのでNGとさせて頂きます。



それでは多数のエピソードお待ちしております。












ジャンル:
ウェブログ
コメント (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハルカトミユキ座談会を行います | トップ | 今年デビュー5周年を迎えるハ... »

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ひでどら)
2016-12-31 16:05:26
連日のブログ更新お疲れ様です。

感動エピソードですかぁ?・・・・
ハルカトミユキのバンドワンマンだと基本感動してしまうので・・・・(笑い)

ちなみにどのLIVEが一番感動したと言いますと
名古屋でやったspade boxでしたっけ?
あのスペースからなる独特の熱狂は感動すら覚えました。
エピソードらしいエピソードと言いますと
日比谷野音のLIVEが終了した時サポートギターの野村さんが同じサポートの方とハイタッチして裏口に去っていたのが印象的でした

野村さん自信も手応えがあったのかな?と感じました。


最後に1年間お疲れ様でした。
来年もふらふらさんらしいブログを期待しています。
また来年もハルカトミユキの現場で会いましょう

良いお年をお迎えください
お疲れ様です。 (アオキ)
2016-12-31 16:45:28
ふらふらさん。お疲れ様です。
ブログはたまーっに拝見させていただいてます。

感動エピソード!という事でしたので
初めてですが、参加させていただきます。

私は、6月の仙台のアコースティックワンマンが
感動でした。

セットリストちゃんと覚えてないんですけど…
「September」が聴けたこと
そして、なにより「middle」が
新しい形になり「永遠の手前」として
演奏していただけたこと。
あれを感じた後は鳥肌でした。

後は、個人的には色々なとこに連れて行って
もらえたなぁ…と振り返ってます。

47都道府県に合わせて遠征したり
舞台なども観たことなかったので
初めての体験でした。


ふらふらさん。
ブログの更新等お忙しと思いますが
よいお年を。

そして、来年もライブハウスで
よろしくお願いいたします。
来年もよろしくお願いいたします。 (らーめんぷらん)
2016-12-31 17:53:59
更新お疲れ様です!
今回も参加させていただきます!
ハルカトミユキにまつわるエピソードはいくつかありますが、その中でも1番鮮明に覚えているのが私が初めて行った2015年12月10日の新代田FEVERでの「シアノタイプ」を引っさげたライブでのことです。
ライブ終了後1stEP「虚言者が夜明けを告げる〜」か2ndEP「真夜中の言葉は青い毒になり〜」かシアノタイプの購入者限定でサイン会を開催していて、私ももちろん購入してサインをしてもらいました。実は12月10日は偶然にも私の誕生日でその事を2人に伝えるとハルカさんからサインとハッピーバースデーの文字を、ミユキさんからはハッピーバースデートゥーユーを歌ってくれました。その時は本当に感動して、そこからハルカトミユキをもっと好きになりました!

とりあえず今年1年は本当にありがとうございました。ふらふらさんのブログを毎回拝見するのがとても楽しみでこれからも応援しています!
私も来年からは就職で忙しくなるのでハルカトミユキのライブに参戦できるかは分かりませんが参戦できた時には是非一度お会いしていろいろとお話ししたいなと思っています!

P.S 沖縄の観光スポットはいろいろ紹介できるのでツイッターのDM等で連絡してくれれば教えますのでよろしくお願いします。
バッドエンドの続きを (k@leidoscope)
2016-12-31 19:36:12
こんばんは。

ライブそのものではなく感動エピソードと聞かれて思い浮かぶのは、
9月のGoodLuck LIVEを観戦できたことです。

自分では電話に出なかったために当選をスルーされ、ガッカリして
いたところをハルカトミユキつながりのフォロワーさんのおかげで
観戦することが出来たので、感動もひとしおでした。

それもこれもこのブログを知って、twitterの使い方を変えるようになり、
ハルカトミユキつながりのフォロワーさんも増えたおかげです。
改めてお礼を。ありがとうございます _(. .)_

来年もよろしくお願いします。

それでは、よいお年を♪
ひでどらさんへ (ふらふら)
2016-12-31 19:49:43
投稿ありがとうございます。というかお久しぶりです。
先日の代官山ではご挨拶出来ず申し訳なかったです。
(ひでどらさんらしき方は見かけたんですが)

ライブでの感動はNG、としてましたが良しとしましょうか笑

spade boxはあれですね。伝説の...
ミユキダイブ!!!

あれ、ちょうどアオキさんひでどらさんの所目がけてダイレクトに行きましたよね!
狙ったのか?というくらい。

野音のハイタッチは覚えていませんが
野村さんはじめ新しいバンドメンバーでよくあそこまで、というくらい素晴らしかったです。
あのメンバーには正直期待薄だったんです。
ずっとドラムが中畑さんで、抜けたもので。


こちらこそお疲れ様でした。
ブログの方にもまたお邪魔いたします。

それではよいお年を。
大晦日某音楽番組を見ながら (ネノメタル)
2016-12-31 20:34:44
ではでは、私ネノメタルもこの年の暮れにほのぼのエピソードで2016年を締めくくろうかと思います。一度こちらで言ったかものエピソードdeathが、どうぞご了承ください。

実は私ネノメタルは2015年末にリリースされた “LIFE” (これは曲の方ね)を気に入っておりまして、あまりにもそのメロディーの美しさと詞の内容に感動してその日一日中聴きまくっておりまして思わず、その配信日の夕方「スーパー〇○〇」のお客様の声アンケート用紙に「この曲はタイトル通り人々の生活・人生に根ざした素晴らしい曲ですね。スーパー○○○のテーマソングにいかがですか。」と書き込み、その翌々週ぐらいに「人の心に訴えかける素晴らしい曲でした。是非社員一同聴かせて頂いておりいます。」という返事を頂いておりました(→本当かねw)。
 まあそのテーマソング実現の有無はどうでもいいとして、約5ヶ月後の4月半ばの今年の奈良でのビバリーヒルズでのlife tourでのライブ後、物販時にハルミユ&ヤングマネージャー氏にこの件を伝えた所、その場に物販にいた人も含め、全員大爆笑の嵐で大変喜んでいただいたご様子でした。
ハルカ氏「今度ライ○にいってみようかなw」とも。
と言うことdeathので、管理人ふらふらさん、並びにこのブログでコメントされている皆様方、もしその某スーパーにて彼女らの楽曲を耳にした場合、私ネノメタルのリクエストが功を成したものとお考えいただければ幸甚death! 

ではでは良いお年を!
アオキさんへ (ふらふら)
2016-12-31 20:50:47
投稿ありがとうございます。
このブログでははじめまして、ですよね。

ブログについては書いてる内容が内容だけに、全く見て頂けてないのかな、と勝手に思い込んでいましたが
少し安心しました。
良くも悪くも感じたままに素直に書いてます。


「September」は季節外れのあの時期でも、違和感なく心に響きました。
僕は高知、岐阜で聴くことができました。

「永遠の手前(middle)」は名曲ですね。


遠征にはお金の面とかいろいろ大変ですが、行って良かったと思えますのでね。
舞台も全然足を運んだことがなかったのですが、今年3回行きました。それもこれもハルカさんがきっかけですから。


最後に、改めてこの場に来て下さりありがとうございます。
アオキさんはいわゆる「関東勢」の中でもナオキさんとともに存在感を放ってらっしゃるように思いますので
(ナオキとアオキでしたっけ笑)、さらにハルミユ界隈を盛り上げていってもらいたいなと、外野から勝手に願っております。

あと以前「アオキワンマンショー」も楽しく拝見しました。あの絶唱が忘れられない笑笑



それでは来年またライブ会場でお会いしましょう。
よいお年を。


らーめんぷらんさんへ (ふらふら)
2016-12-31 21:33:39
どうもお越し下さりありがとうございます。
うわあ~。このエピソードは今日のテーマにドンピシャです!

奇跡的な偶然ですよね。
好きになったアーティストの初めて行ったライブで思わぬバースデープレゼントなんですから。
何だか羨ましい。。。


こちらこそありがとうございました。ブログの更新が遅れたり滞ったりで、楽しみにしておられる方々には心苦しいばかりです。
就職となると、自分の時間が持てなくなりますが、少ないプライベートの時間を有効に使って下さいね。

ちなみに沖縄へは、2月3日~5日に行く予定です。
またその際はよろしくお願いします。

それではよいお年を。

k@leidoscopeさんへ (ふらふら)
2016-12-31 21:45:53
エピソード投稿ありがとうございます。

このお話は、野音後にお会いした時に伺いましたね。
当選が無効になってさぞ落胆されていたことでしょうが、神は見捨てなかった、という感動秘話。

「ハルカトミユキつながりのフォロワーさん」ホント心の広い、仏のような方ですね。どなたか知ってますよ^^



僕が嬉しかったのは、k@leidoscopeさんが同じブログサービスを利用されたことです。
このブログが何かしら良い影響を及ぼした、というのであれば、これに勝る喜びはありません。
ブログを続けて良かった。

本当に、ありがとうございます。
それでは、よいお年を。
ネノメタルさんへ (ふらふら)
2016-12-31 22:14:01
こちらのテーマへもお越し下さりありがとうございます。
このエピソードはブログのコメントに頂いたはず、です。
(どの記事か忘れたw)

ライ○からの返事があった後、全く進展はないのでしょうか?
せっかく返事したのなら、勢いでテーマソングにしてしまえばいいのに。せめてハルミユサイドに何らかのオファー出すとか。
まあ野音で披露した「LIFE2」も作品として世に出る可能性も無きにしもあらず、ですので
その際は再アタックしてみますか?(人任せ)


ネノメタルさんは、当ブログへのコメントのボリュームが他を圧倒しており、なおかつ(コメントにもかかわらずブログ記事以上に)完成されたものであるので、正直僕などが何と返答してよいものか、困り果てることが多々ありました(最大級の褒め言葉)。


そういうわけで、(年が明けてからの)座談会でも非常に非常に期待しております!
とりあえず本年は大変お世話になりました。よいお年を。



CDとともに受け取ったもの (ふらふら)
2016-12-31 23:54:58
さて、このテーマにこのふらふらも投稿させてもらいます。

僕はもう若くはなく、音楽に夢中になる歳をとうに過ぎています。
そしてこのブログをご覧になられている皆さんはご承知のとおり、ブログの内容は考察、分析がほとんどです。

「考察、分析」というと聞こえはいいですが、要はいい歳こいたおっさんが自分の小さなものさしで
傍から見ればある意味下らない持論をゴチャゴチャ言っているだけのブログ、に過ぎない。


そう気付かせてくれたのは、ハルカトミユキを通じて知り合った、ある女子高校生とのさりげないやり取りでした。
そして、僕は純粋で無垢な気持ちを少しばかり思い出せたのです。




ハルカトミユキのインストアライブで久しぶりにその子と出会いました。「こんにちは」と声を掛けると、その子は軽く会釈しました。人見知りだそう。

ライブ後、その子はフォロワーの友達と喋った後、ポツリと立っていました。Twitterで例のものをくれる約束を僕としていたから。
僕が彼女のもとへ行き、何か話しかけました。よく話の内容は覚えていません。だって僕も人見知り、彼女も人見知り。会話が続かない。

少し喋った後、彼女はおもむろに鞄から例のものを取り出しました。
タイトルは「16ビートアザラシコンピ」
地元のタワレコに置いてある無料のサンプルCDのようです。

僕がTwitterで「ポルカドットスティングレイ」が良い、みたいにつぶやいて、彼女も気に入ってくれて、「こんなCDあるからあげますよ」みたいな流れに。

鞄から取り出し僕に手渡そうとする。顔は無表情。
僕はスッと手を差し出し、受け取る。



「ありがとう」と僕は言い、無意識に作り笑いをした。
すると
それまで若干怯えたように無表情だった彼女が
突然、信じられないくらいの満面の笑みを浮かべた。

ものすごく、あどけなさが残る、笑顔。

それがずっと脳裏に焼きついているんです。




さりげない一瞬の出来事。
今、本人にそのことを訊いても「覚えていない」というに違いない。
でも、あの時僕は大事なものを受け取ったような気がします。CDとともに。









ふらふらによる代筆です (あかいちご)
2017-01-01 00:40:22
フォロワーさんのあかいちごさんも参加してくれました。
あかいちごさんはどうしてか、スマホから僕のブログにアクセス出来ないということで、DMで送ってくれた内容をそのまま載せます。




遅くなって申し訳ありません💦
そうですね〜…
ハルミユをあまり知らない友達にこの前、CD貸してほしいって言ってくれたことですね…(でもまだ貸してないですよね…😅向こうの方の事情で…)
それに、同じ友達なんですけど
私は気がつかなかったんですが、ハルミユに徐々に興味を持っていたらしく、嬉しかったです。(﹡ˆˆ﹡)

また、違う友達で
世界と光れが好きって言ってくれた子が居て、私ももちろん好きな曲なので
それを聞いてとっても嬉しかったです😆✨

またまた違う友達なんですが、
スカッとジャパンにハルカさんが出る!って私が友達に言って
友達も興味持って観てくれたんです
めっちゃ可愛くて演技上手って褒めてました(✿´⌣`✿)
それを聞いてとっても嬉しかったです!
エピソードか... (くどうちゃん。)
2017-01-01 12:41:14
Live経験が少ないのでエピソードらしいエピソードは...
感動で言えば自身として初の一昨年の仙台アコースティックです。 全てが感動でした。フォロワーさん2人とも出会えた事も。
そして昨年2月の赤坂BLITZワンマン。 特に2曲目の大好きな「絶望ごっこ」。感極まって涙が溢れました。 あの時は不慣れな都会とキャパのデカい会場に圧倒され、ふらふらさんに声を掛けられなければ多分後ろの方で静かに観ていたでしょう。
笑 それと沢山のハルミユ繋がりの方とも軽くですがご挨拶できましたし(後につまはじきにされたけど)
書いて思い出してるうちに次々感動が蘇ってきます。 待望の「北の大地シリーズ」仙台篇、「new moon」アコバージョンが素晴らしかった。 そして「Pain」。 植田真梨恵さんとのツーマン(line liveにて)から気になってたこの新曲が頭から離れなかった、ずるいよ〜ずるいよ〜♪のとこが。
そしていよいよ地元青森公演。 数少ないLive経験ですが、青森での観客の反応が静かすぎて主役2人に申し訳ないという気持ちになりましたが意外とお2人とも淡々としてました。笑
終演後の物販でマグカップを購入、宛名を敬称無しでお願いしてサイン頂きました。 ”敬称無し”での時の「いいよ〜」って言ったハルカさんの悪女っぽい笑顔が忘れられない...
それと開場時間よりかなり前に到着してしまい、とりあえず会場を下見してたらハルカさんが建物から出てきました(散歩出たらしい)。 お互いビックリした顔して。笑 軽く挨拶して振り向けばもういなかった。恐らく彼女は「わわ、ヤバっ面倒くさ」と思った事でしょう^^;
”47都道府県ツアー”序盤はアンコールやリクエストにも募って応えてたらしいですが自分の時はアンコールすら無しになったのは少々残念です。
OAやゲストなど重なった会場でのセトリの少なさももったいない。 そして演奏頻度が高い「vanilla」は淡々とした歌い方になったなと感動が薄れてきました。 自分だけかな?
(少々タイトルから外れてきたみたいです、すいません)
仕事柄出張が多く、短期であちこち出向いてるので行きたいLiveへ行く予定や計画を立てるのが困難な自分です。 チャンスがあれば遠征してハルカトミユキに会いに行きたいー!(気持ちは)
One more episode (Unknown)
2017-01-01 14:26:11
前回のスーパーLIFE主題歌計画エピソード投稿させて頂いた直後、その後のふらふらさん、あかいちごさんの投稿エピソードを読んでみて「あっこういう事か!」と改めてこのコーナーの本当の趣旨を理解したネノメタルDEATH。と言うかありましたよ、いいネタが、と言うわけでホッコリネタをもう一つ。

実は私ネノメタルは9/24の野音に都合上どうしても行くことができず、でもなんとかあの日比谷野音に居た、と言う足跡を残したくてtwitterフォロワーのK様(←キャラメルk様とは別人)に本気半分、冗談半分で「是非当日会場に行けない私のアイコンを日比谷のステージにかざして下さい。」とお願いしておりました。
すると、なんと当日彼は義理堅くもその事をお忘れになっておらず、実際に私のネノメタルアイコンをかざした様子をその写真とともにその翌日のtweetにあげて頂いたのDEATH!
まあビックリすると同時にK様とはなんと素晴らしい方なのかと深く感動しました。
思うに、TwitterとかこういうSNS的世界というのはどんな顔でどんな生活をしているのかお互いが謎めいた状態でコミュニケーションしていくこともあるわけで、一見人の血も通わぬバーチャルリアリティのような世界のような気がしていたのですが、こういう人の心の温かさも感じることもあるのねと深く実感した次第。
まさか、このまるで「握手のような温もり」をオンライン上で感じる事になるとね( ´∀`)

その夜「夜明けの月」が深く心に染み渡ったことは言うまでもない。

付記:でもこのお願いってオリンピックなんかで出場選手のご家族かなんかが遺影を持って観戦するあのセンスそのままなんですよねw、と言うことに気付いたのはそのアップからおよそ2日程後の事でした。Kさん、改めてあの時はありがとうございました。
先ほどのOne more episodeは (ネノメタル)
2017-01-01 14:30:02
ふらふら様
大変すいませんが、私の投稿ということでよろしくお願いします。
名前が入っておりませんでした。お手数おかけします。
くどうちゃん。さんへ (ふらふら)
2017-01-02 23:25:59
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
お返事大変遅くなり申し訳ありません。

「絶望ごっこ」は意外な選曲だなと思いました。「えっ、この曲やるの?」みたいな。
赤坂BLITZではお会い出来て良かったです。「猫とアレルギー」のお揃いのニット帽でw


>そして「Pain」。 植田真梨恵さんとのツーマン(line liveにて)から気になってたこの新曲が頭から離れなかった、ずるいよ〜ずるいよ〜♪のとこが。

「北の大地シリーズ」の時、「Pain」のことよくつぶやかれてましたね。その後アルバムの試聴で「イマイチ」だったのがアルバム手に入れてリピートしてみるとバンドバージョンも結構いけるじゃん!という。


>終演後の物販でマグカップを購入、宛名を敬称無しでお願いしてサイン頂きました。 ”敬称無し”での時の「いいよ〜」って言ったハルカさんの悪女っぽい笑顔が忘れられない...

その時の様子がどうだったのか気になる。。。


>OAやゲストなど重なった会場でのセトリの少なさももったいない。 そして演奏頻度が高い「vanilla」は淡々とした歌い方になったなと感動が薄れてきました。

これは別記事で書きましたが、「LIFE TOUR」の弊害だと思うんです。あれだけ日程を圧縮したら歌う側は恐らくモチベーションを維持しづらいんじゃないでしょうか。
また急なブッキングやライブハウス側の意向による、OAやゲストの組み込みも残念といえば残念。仕方ないですけど。
本来もうちょっと日程に余裕を持たせて、出来ればワンマンでの公演が理想だと思います。


2月、また赤坂BLITZでお会い出来ることを期待しています!






ネノメタルさんへ (ふらふら)
2017-01-03 00:10:19
すみません。こちらの投稿へのお返事大変遅くなりました。


>「あっこういう事か!」と改めてこのコーナーの本当の趣旨を理解したネノメタルDEATH

気付いて下さいましたか。あくまで感動の主体はハルカトミユキ(の音楽)以外のところにある、ということだったんです。


このエピソードはSNSという「バーチャルリアリティのような世界」で現実世界以上に「繋がり」というものを実感されたことでしょう。
そして、ネノメタルさんの「魂」を野音のステージに届けて下さった「K様」は何と情に厚い方!

こういうのってスポーツの世界でよく聞く話ですよね。
「勝負」「闘い」だったわけですよ。野音というのは。
ハルミユにとっても。我々ファンにとっても。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL