海に吹く風

海の大好きな私
ここで皆さんとお話しましょう

日々思うこと、短歌についても書いていきます

五稜郭

2017-06-02 04:49:53 | 短歌

もののふの見果てぬ夢を鎮めむと桜群れ咲く星形の城

城址に桜の名所が多いのは明治になってそこを市民の憩いの場所として彩を添えようと植えたのに過ぎないのだろう。
でも私には戦国時代城で亡くなって行った死者たちと、滅ぼされてた時代そのものの怨念を鎮めるために植えたように勝手に想像してしまう。
城址の桜の下には死者の霊が眠っているのだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バンのヒナ | トップ | 青鷺 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
短歌に・・・ (デ某)
2017-06-02 07:59:57
実は 妻の実家があるのは函館市日吉町、
五稜郭には結構!近いところです。

元の(結婚した当時の)家は、末広町の十字街にありました。
函館山ロープウェイ、ハリストス正教会のすぐ近くです。

明日から2週間、妻は函館に帰省し母親の介護です。
桜群れ咲く星形の城・・・の短歌に、じわっといたしました。
函館 (沙羅)
2017-06-02 08:20:16
学生時代に1ケ月カニ族で北海道旅行をしたとき函館は素通りでした。
函館の街と大沼に行きたくて函館に2泊する道南・道東の旅をしました。
それさえ随分前のことになりました。
函館の街はよく覚えています。
歴史があり、石川啄木と、思いを乗せやすい町です。

五稜郭も行きましたし、もちろんハリストス正教会も。
戦いの夢のあと五稜郭は特別の感慨が。

奥さんは遠くからの介護(デ某さんと同じですが)大変ですね。

コメントを投稿

短歌」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL