海に吹く風

海の大好きな私
ここで皆さんとお話しましょう

日々思うこと、短歌についても書いていきます

砂の惑星

2016-09-15 19:55:03 | 短歌


永劫に沈まぬ月が流刑のふたりを照らす砂の惑星

風紋の波の流るる幻の海より聞こゆ呼び交はす声

砂の涯まで行きゆけば闇色の惑星(ほし)になるらむ二人の影も

乳房のつらなる丘の砂の中 とわに眠れる骨あたたかき

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | 小田和正ベストアルバム »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

短歌」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL