GOGO三国志!

2014年に復活した白井恵理子先生の劉備くんシリーズや長池先生の「破龍」(完結)他三国志作品を応援しています!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

劉備くん 青天の赤壁

2009-04-25 20:13:21 | 劉備くん関連
劉備くん 青天の赤壁/白井恵理子 著/メディアファクトリー/刊行中(4月23日発売)/540円(込)

内容とコメント web版「三国志マガジン」にて連載中の4コマギャグ漫画。
連載期間が長く、メディアファクトリー刊行分だけでももう10巻目に入りました(←すごい…)。

今回はサブタイトル通り、主に映画「レッドクリフ」ネタが多いです。
後半は現在公開されて間もない「part2」ネタもあるので、映画未見の方(これから観る方)はネタバレにご注意下さい。

とは言え白井さん版三国志なので周瑜と孔明の扱い(格差?)は相変わらずです。
また、赤壁には出ない筈の姜維もちゃっかり顔を出しています。
周瑜、かっこ良いなーと思ったのは表紙漫画の部分だけだったと言う…。
(表紙も赤壁らしく?深紅のカバーでかっこ良いです)

今回は少なめですが時事ネタもあり、曹魏も呉も例の某社金融破たんのあおりを受けてお互い暗くなっています。
(じゃあ開戦しなきゃいいのに…)
一方で食糧難ネタでは平和的な策で解決したり、三国志エピソードでは襄陽(じょうよう)から長坂(ちょうはん)まで劉備軍を追いかけた曹操軍の疑問にツッコミを入れたりと、これは面白かったです。
確かに追いつくのが早いかも(みんな馬が赤兎並み?歩兵さんも)。

あと、「レッドクリフ」ネタなので曹操がごひいきの方にはあまりオススメ出来ません…(汗)。かっこ良いのは映画の格好をした扉絵ぐらいかも。

何だか孔融のキャラも徐々に変わって来ました…以前は目が怖くても性格は良さ気だったのに、目に沿って来ました…。

巻末には久々に著者のあとがきがあります。先生ついにコミニュティサイトデビューですか~。

この武将がトホホ
黄蓋。赤壁なのに偽降は小喬、漫画では火計は諸葛瑾にと、すっかり活躍の場を取られてしまいました。でも本人は気にしていないようです。
でも活躍を見たかった人には…。と言うかここを逃して一体どこで活躍を?!

この武将がキラキラ♪
久々~。今回は趙雲!かっこ良いシーンが映画に出て来たそうで、白井先生がすっかり心奪われて漫画にも影響しています。いつもは子守屋趙雲扱いなのに。
共闘シーン、自分も断然趙雲かな~。ジョン・ウー監督、趙雲ごひいきなのでしょうか?
或いはやはり女性客引き目的かなと。
キラリ!武将はやっぱり馬超ですが。
裏表紙の漫画がかっこ良いです。
「笑い茸の季節」ネタに笑いました。シーズンネタなんだ…。

この女性がキラリ!
曹操の奥さん。(名称不明) 顔など全く未登場ながら、呉で恐れられる曹操を震え上がらせる圧倒的な存在感と、電話して様子を聞いて来るかわいさに惹かれます♪

この武将がさらにトホホ
魏延。忘れ去られ歴もう何年になるだろうって言う位漫画に出て来ません。
悲しい…ので、「GOGO三国志!」では魏延の事も応援しています。
自分もそんなにごひいきでもないのですが…。

『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 劉備くん!春の新刊発売決定! | トップ | 日中合作アニメ「三国志」N... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。