青い空とわたし

青い空の日  白い雲の帆船をみていると

どこかへ どこまでも Harmonyと

走っていきたくなります

秋の月山登山~神様はもう店仕舞い

2016年10月29日 07時34分25秒 | 同上 (山歩き)
10月19日(水)

さあ、やっぱり晴れた。

姥沢口駐車場を出発、歩いて10分ほどのリフト乗り口へ行く。8:00AM




▲ ペアリフト。

順番待ちは無い。
今週末にはこのリフトも長い休止に入るらしい。




▲ リフトを降りて、登山開始。


きのうの地図で、今日のコースを確認。



▲ 時計回りに周る。

登りはリフトを使ったが、下りでは使わずにカール状の凹地を降りてくるつもりだ。
登りのCTはリフト使用で、2時間40分だ。標高差829m。




▲ ここからは階段状の登山道がずっと続く。

月山頂上の神社を目指して登る方が、老若男女問わず多いからだろう、山道は整備されている。




▲ 笹の草原が多く、緑色に山肌をビロードのようにびっしり埋めているのが印象的だ。




▲ 姥ヶ岳(うばがたけ)の山頂1670mに着いた。





▲ 北のはるか向こうのとんがり山影、あれは・・

そう。ズームすると。




▲ 3日前に登った鳥海山だ。

山容が美しいねえ。
出羽富士といわれるだけのことはある。




▲ そして北西のほうは、日本海とカールっぽい山並みが続く。

いつものようにワイド画面でお見せすると。
PC用;

スマホ用;



そして南の方角には、



▲ 雲海が広がる。

何となく、鳥海山からの山の布陣に似ているなあ。

しかし、ボクの目指すのは前方、



▲ 月山山頂だ。

登山道が尾根づたいに続く。
リフト降り場のあたりから森林限界に入っているから、樹木はなくどこでも眺望は良さそうだ。






▲ 牛首の分岐点。

ここより右に下れば、リフト乗り場でなくてカール状の草原を歩いて下りることになる。
帰りはここからおりよう。




▲ 芭蕉の句碑がたっているところまできた。

「雲の峯 幾つ崩(くずれ)て 月の山」

昼間の陽射しの中で、猛々しく起立していた雲の峰はいつしか崩れ、今は、薄明かりに照らされた月の山が嫋(たお)やかに横たえているばかりであるよ
。 (追記)


松尾芭蕉は奥の細道紀行で弟子の曾良(ソラ)とともに信仰の山、月山に登っているのだ!

もう、ほぼ頂上だ。




▲ 向こうの小高い山の上にあるのが、頂上・月山神社だろう。





▲ 神社の山の左後方の山影は、そう鳥海山だ。





▲ さらに近接すると・・

おお、これはチベットの僧院みたいだ。





▲ 右手前の建物は、宿泊所だ。

芭蕉先生も、頂上の小屋で一泊したと記されている。
その由緒ある小屋の歴史を引き継ぐことになろう。




▲ 神社の前の細い石畳を進む。

神様は過酷そうな処にお住みなのだなあ。




▲ 石垣の上には、寄進者の記念碑が立ち並ぶ。

まず最初の鳥居が目に入る。





▲ 最初の鳥居。

月山神社本宮と記されている。




▲ 大きな柱も立っている。





▲ 標柱を過ぎると、また鳥居が。

岩壁に守られた小さな要塞のようだ。





▲ ああ、神様のお社(やしろ)だ!

天上のサンクチュアリ聖域へ。



▲ お社の全景。

しかし、閉まっている。
神様も、もう冬支度に入ってしまわれたのだろう。


申し訳ございませんが、境内の日当たりの良い処で食事を軽くさせていただきました。

さあ、下山しよう。



▲ お社の石垣から首を出して、登ってきた頂上エリアを見渡す。

手前の白い建物が清潔なトイレ。

その後ろの大きな建物が休憩宿舎だ。
今はもう閉まっている。

ずっと後方から登ってきた。




▲ 犬を連れた登山者。

比較的容易に登ってくることができるためか、他にも小型犬と一緒の高齢登山者がいたな。





▲ さあ、下界へ下りよう。





▲ 右の稜線上を伝って登ってきた。

下りは、あの牛首の分岐点で折れて、右から左下へ下る白い山道を行くのだ。




▲ 下方のカールを下るにつれて、景色はもみじ色になってくる。





▲ ここは右へ行けばリフト上へ戻る、左へ行けばこのままもみじ色の草原を下る。

もちろん、左だ。

人生は下りからが楽しい。

森林限界点を過ぎると、赤い樹林帯へ。



▲ だれも来ないフットパス。

回りを楽しみながら歩んでいく。
茜(あかね)色の時。





▲ 木道もあって、右に左に曲がりながらかなりの間、歩いたよ。

これからの人生もこうありたいなあ。元気で歩き続けたいものだ。





▲ ようやく本道との分岐に戻ってきた。

向こうにみえるのは朝に乗ったロープウェイ乗り場。




▲ 月山ペアリフト。

月山は夏スキーのメッカ。

ひょっとすると、夏にまたお世話になるかもしれないね。





▲ 駐車場への通りにあるホテル。

ここでランチできるようだ。
入ってみよう。




▲ マルゲリータピザにする。

これは美味しかった!
生地はぱりぱりで、トマトもフレッシュ。

支払いのときに褒めると、うちのは全部手作りなんです、と嬉しそうだった。

ほんともう一枚食べても良かった。




▲ さようなら、月山!


次の目的地(は無いのですが)へ向かって、出発!




『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 酒田に遊んで月山のふもとへ | トップ | 米沢へ~ 謙信・景勝をしのび... »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
月山 ()
2016-10-29 08:07:22
良いお天気でよござんした。
3日前に登った鳥海山がまた遠望出来るとは羨ましい。
「雲の峯幾つ崩て月の山」
こんな天気だと例のテーマソングぴったりですね。
撮っているご本人も、さぞかし良い気分なのでしょう。
よく分かります。
出羽三山の頂点を極められて、その後の寄り道が楽しみです。
信さん、こんばんは (Sora)
2016-10-29 17:17:58
1昨日から義母見舞いで、信州に来てます。ただいまは志賀高原で車中泊中。どうにか月山を送信できましたが、続報は・・

月山頂上の芭蕉の句、なんだったかな?あとで調べて書こうと思っていたところ、教えていただいてありがとうございました。早速追記しました。

あはは、分かりますか。天気がよいと気持ち軽やかになります。

このあとは、米沢に移りました。米沢ではやはりアレを食べるしかないですよねー。
今晩は(^^)/ (hiroko)
2016-10-29 18:44:57
素敵な山への旅は続きますね(^^♪

なだらかなこんな山もあるんですね、
ワイドの写真の眺めは素晴らしい、
月山の山頂の宿泊所と祠が何とも素敵です。
又一つ良い旅をさせて頂きました。

あしながオジサンのような影画、ほんとうの
あしながオジサンでした(^_^)v
Unknown (スパンキー)
2016-10-29 18:53:19
Soraさんて、ホント健脚ですね!
現役の私なんぞ、麓でへらへらとなってしまいます。
一応、ジョギングのまねごとなどで、ゆくゆくの為に鍛えてはいますが、Soraさんの後を追えるか怪しい…

鳥海山、月山と良い景色をありがとうございます。

私は来週箱根の紅葉でもプラプラとゆるくまわってきます。

お疲れ様でした!
hirokoさん、こんにちは (Sora)
2016-10-30 09:01:56
>なだらかなこんな山もあるんですね~
ユニークですよね。あんまりゴツゴツでは登りにくいですしねー。

>月山の山頂の宿泊所と祠が何とも素敵です~
今は全部閉ざされていますが、生活も行われるチベットの僧院みたいに、まとまっているのが珍しいと思いましたよ。

はい、私の脚は長いでしょう(笑)。
スパンキーさん、おはようございます (Sora)
2016-10-30 09:11:56
>一応、ジョギングのまねごとなどで、ゆくゆくの為に鍛えてはいますが、Soraさんの後を追えるか怪しい…
いやいや、やりすぎないようにとは思いますが、やりすぎてしまうのも怖いですよ。ジョギングなさっているのでしたら、山歩きなら時間さえできればむずかしいことではないですよ。

>私は来週箱根の紅葉でもプラプラとゆるくまわってきます~
今箱根はいい季節でしょうね。現役のスパンキーさんの息抜きの時間・・楽しんできてください(^^)。
Unknown (けーごl)
2016-10-30 10:58:03
素晴らしい紅葉ですね♪
そして何より凄い体力ですね。流石トレーニングを欠かさないSoraさん凄いですね。
こんな綺麗な景色を見る為にはやっぱり沢山歩かないとですね。
月山はイメージとしてずっと雪があるのかと思っていましたが、もう秋になると無いんですね。
先ほどテレビで高尾山の紅葉の様子をやっていました。
紅葉狩りに行きたいな・・・と思いつつ、家でゴロゴロしています。
月山の紅葉素敵ですね (雲のしっぽ)
2016-10-30 19:25:00
何年か前、夏の鳥海山、月山に行きましたが、山の様子って、こんなにも季節で違うのですね。夏は花が咲き乱れてそれはそれでまた、素晴らしかったですよ。鳥海山のきびしい様子と、月山の素晴らしい紅葉の写真、有り難うございます。
けーごさん、こんばんは (Sora)
2016-10-30 19:57:19
>そして何より凄い体力ですね~
もたもた登って、時にはよろよろ歩いていますが、特段痛みを感じず続けられるのはうれしいですね。やはりジムでの訓練のせいかなあ。

>景色を見る為にはやっぱり沢山歩かないとですね~
やはり自分で歩き探し回ると、まず自分もみたことがなかった驚きの風景に出会いますよ。

でかけますか?
雲のしっぽさん、こんばんは (Sora)
2016-10-30 20:12:15
山の様子って、こんなにも季節で違うのですね~
私はまだまだ、季節を違えて同じ山を登る余裕はありませんが、季節で違うのだと思いますよー。そしておそらく味わいかたも季節によって違うと思いますね。

去年初めて、冬でない志賀高原横手山の紅葉を楽しみましたが、今年はもっと遅く、出かけてみました。今日帰ってきましたが、霧氷とわずかの紅葉が入り混じって、幻想的な雰囲気が良かった・・・。
綺麗ですね! (みちほ)
2016-10-31 11:13:56
私は7月にここの雪の上を歩きました(笑)
宜しかったら  http://blog.goo.ne.jp/daisetsu-daisuki2/e/605ca127ab2d802c1d47a6902db01e3b
そして、ワンコではなくニャンコ連れにもあったのよ(笑)
紅葉のここも綺麗でそそられました・・・

素晴らしいお天気で良かったですね! ピザもですが次の米沢牛も・・・うまそうです!
一体移動の総距離は?  ゆったりと旅を楽しまれたようで羨ましいです!
みちほさん、こんにちは (Sora)
2016-10-31 14:22:47
>私は7月にここの雪の上を歩きました~
今年の7月上旬なのですね!ブログ記事拝見しました。確かに、なんとなんと花の多いこと。みんな露に濡れて・・。私の時は一つもナシで。

もし来年また月山行かれて、雪渓であたりかまわず、リフトに向かって手を振っているスキーヤーがいたら、私ですから(笑)。手を振り返してください。

>一体移動の総距離は?
あ、メーターを記録しておくのを忘れました!こんなに長くなるとは思いませんでしたので。10月7日から10月25日までの19日間でしたので、夏の北海道(3273km)に匹敵するかもしれませんね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。