青い空とわたし

青い空の日  白い雲の帆船をみていると

どこかへ どこまでも Harmonyと

走っていきたくなります

想い出の知床五湖とウトロにて クマを思う

2017年08月09日 18時04分37秒 | 青い空の日は旅立(全般)
8月8日(火)

道の駅らうすでの朝は小雨模様。

まず情報を収集しよう。特にクマだ。



▲ 道の駅の情報館で。

これはボクではない。ボクは一人旅だ。

でも、仲が良さそうで。




▲ 「国道で、人を避けないヒグマがたびたび目撃されています」だとっ!!

チンチロリンなんか鳴らしててもダメじゃないか。




▲ しかも、目撃されるという羅臼湖入口~知床峠は、赤線で、

羅臼岳への登山道は、青線になる!

赤線の国道でヒグマがひょこひょこ現れるのなら、青線の山道で現れても全く不思議ではないじゃないか!!

そこを一人で登る?

ヤメ、ヤメ、やめたー。


壁のビッグスクリーンでは、知床の羅臼の自然の素晴らしさをずっと流している。

羅臼岳の紹介もあって、「上級者向けの百名山の羅臼岳、素晴らしい景色が楽しめます」とだけ前向きに紹介されている。「ただしヒグマに気をつけてください」なんてことは一言も触れない。

ここでは、羅臼岳は大きな観光資産なのだ。

いってみればヒグマも観光資産。
ヒグマもウヨウヨいるほどの原生的な自然が残されている、ということで世界遺産になったのだから。


もう一つ別のクマ記事が壁にクリップしてあった。


▲ 今年7月16日の北海道新聞。

「ヒグマへ畏れと優しさと」

ここではヒグマは駆除する対象ではなくて、共生していかざるを得ないのだ。

そこへ、「畏れ」もせずに一人で踏み込むヤツはアホだ。


朝食も食べた。

さあ、知床縦貫道路を走って半島の西側へ行こう。



▲ 縦貫道路のほぼ真ん中にある知床峠。標高738m。

残念ながら霧が立ち込めているが。




▲ 峠のすぐ前には、知床連山最高峰の羅臼岳1661m がはっきり見えるはずだが。

こんなもんで。

なんかショボいな(苦笑)。




▲ これまでは羅臼町で、この峠を越えたところからは斜里町になる。

どうせなら、トイレ・駐車場のあるこの知床峠で車中泊しようかと思っていたが、ここは全く電波なしだ。



知床峠を難なく下って(ヒグマに遭遇しなかった)、
途中でそれて、知床五湖へ来た.

別段、知床五湖を見たいわけではないが、そこは知床世界遺産のハイライト地。
ここに来たらの定点観測地だ。



▲ 一湖だけは、無料で木道で簡単に回れるので、ちょっと見て帰ろう。

あとの四湖めぐりは250円の有料で、しかも初めにレクチャーを受けねばならない。

decoと初めて一緒に周った2003年。
売店で買ったイモ串を食べながら、入口を入ろうとしたら係員さんに叱られた。




▲ 薄雨の中、20分ほど歩いて第一湖に到着。





▲ 全景。




▲ 蓮の花が咲いている湖面。

元々は蓮は無かったのだが、誰かが持ち込んだらしい。

蓮がきれいに咲いていいのか、悪いのか。
もちろん、悪いのだろうな。




▲ 自然センターに戻った。





▲ 売店では「熊出没」とプリントしたTシャツが、大々的に売られていた。

熊出没まで商売に結び付ける商魂に脱帽。

この五湖では、周回中に熊を見かけたら2時間の「クールダウン」という周回ストップするそうだ。
それでもまた同日にクマが現われたらその日は終日中止。

そういう来て中止の目に合った観光客は、先ほどの「熊出没」Tシャツを無料でもらえるそうな。
(なわけないよ)


知床五湖の定点観測を終えて、ウトロへ入った。

クルマをウトロの道の駅において、2003年にまだキャンカーがなくてレンタカーで道東を周ったとき、ウトロで回ったところを再訪してみた。



▲ 「酋長の家」と書いてある民芸店。

確かここで木彫りの丸い掛け時計を買ったのだが。
decoが若いにーちゃんと値段交渉していたな。

その掛け時計は、今でも自宅のリビングで時を刻んでいる。

店に入ってみた。
ばーちゃんが一人いた(笑)。

それとウトロでの、もう一つの想い出。



▲ すぐ近くにあったこの岩山に登ったのだ(decoは)。

「高さ約60mの岩の上まで登ると、オホーツク海や知床連山を一望することができ、また、ウトロ本来の野生の草花を楽しむこともできます・・」

この看板は、あの時もあったのだろうな。




▲ これがその「オロンコ岩」。




▲ 登る階段が岩壁にまとわりつくように、張り付いている。

青いリュックの誰かが登っている。

そう、階段を登ればいいのだが・・


ボクはあの時、10mほど上ったが、足がすくんでしまってそれ以上登れなくて、降りてきたのだ。

decoは、ひょこひょことボクを置いていとも容易く登っていってしまったが(涙)。





▲ 階段の手すりの高さが、高くなっているような。

あの時は、おざなりの手すりだったようで、あれも怖かった。

が、これなら登れるかもしれないな。

それにあれから14年もたった。その間ボクは高い山にいっぱい登ったし。

よしッ!




▲ やはり怖かった。

が、今回は頂上までなんとか登った!




▲ 頂上は平で、周りを周遊できるように道がある。

先に進めば、流氷の押し寄せるウトロ湾がもっとよく見えるのだが、行けなかった。

平なんだから行けばいいのに、という人は想像力が足らない人だ。

もし、足を踏み外したらとか、もし、柵が崖が崩れたらという想像力が欠如している人だ。


花は、そんなボクの気持ちを知ってか、知らずか






関係なく、綺麗に咲いていた。

(あたりまえだよ)


しかし、今度は下りねばという現実があって、



▲ 下りようと足を進めようとするが、

みよ、あの下のクルマの豆つぶのように小さいこと

下りれない現実があって、

腰を尻を石段の上に落として、右手で柵を握りしめながら、左手で地べたの草を掴みながら、

一段一段下りてきた。

幸いというか、周囲には他に誰もいなくて、十分時間をかけて下りてこれました。


もう、想い出を塗り替える試みは、これきりにしたい。




▲ ゴジラ岩もあった。

キミはずっと、そこに立っていたのかい。



戻ったウトロの道の駅。
トイレの便器の前に貼ってあったステッカー、



▲ 「知床はヒグマの高密度生息地」

「遊歩道でヒグマに出会っても」

「・あわてない・さわがない・走って逃げない」

あるひ 森のなか 
くまさんにであった

くまさんのいうことにゃ
おじょうさん おにげなさい
スタコラサッサッサのサ ♪

アレ、間違いだ。





▲ きのうから今までの道のり。

羅臼から知床横断道路を通って、ウトロへ来た。

ウトロから更に南へ下って、

斜里郡小清水町の温泉にHOの半額クーポンで入浴。





▲ そしてこの道の駅にきた。今晩のお泊りどころ。

「道の駅パパスランドさっつる」。

知床のもう一つの百名山、斜里岳の登山口に一番近い道の駅。

インフォメーションで「斜里岳でクマ出没の情報はありますか?」と年配のオバちゃんに質問した。

即座に、「ありません。」

うむむむー。

クマちゃんがいない!?




ジャンル:
アウトドア
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 知床への入口・羅臼に来た | トップ | やはり霧の摩周湖 »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ウトロ ()
2017-08-09 19:02:02
懐かしいですね。
知床横断道路、私が行ったときは晴天でした。
凄く羅臼岳が綺麗に見えたのを覚えています。
もう20年以上前ですね
もちろん、登ろうなんて思いませんでしたが
知床5湖、私もうちのクマさんと廻りました。
その時は2度目の知床で、天気はあまりよくなかったと記憶しています。
懐かしい、まだ二人とも若いハリが残ってました。
オロンコ岩は気が付きませんでした。
今後の展開が楽しみです。

嘘でしょ~~笑 (カエチャン)
2017-08-09 20:04:55
今日も楽しく拝見しました<(_ _)>

想い出深いウトロだったののですね!
えぇ~~!Soraさん 高所恐怖症なんですか!
嘘でしょう~信じられません!
あんなに高い山一杯踏破されているのに。。。

ウトロ はい今回私も北こぶしのホテルドタキャンになってしまいましたけど きっと言っていたらオロンコ岩登っていたでしょう。。。

熊は怖いですよね!
冒険家の星野道夫さんもヒグマに。。。
Soraさんと星さん お仲間になったら大変です!!!
Soraさん (うなぎ)
2017-08-09 20:29:27
もう、道の駅パパスランドさっつるまで来ましたか。
晴れたら、斜里岳に登りますか?

今、S0raさんがいる手前にみどり工房そよかぜキャンプ場がありますが、
私のお気に入りの無料キャンプ場です。

一度泊まってみて下さい。
Unknown (ハラさん)
2017-08-09 21:30:27
残念でした。
羅臼岳 登ってる何人からの仲間から一度もクマとの遭遇の体験話を聞いた事がなかったので、今回はブログにアップされるかなと期待してたのですけどね。

私は、キャンカーからですがヒグマとの遭遇 有りましたよ。
クマは、鮭取りが忙しくて人間がいるのは分かってたと思いますが、自分の用事が終わるとさっさと山に帰って行きました。
その距離20mぐらいですかね。
信さん、おはようございます (Sora)
2017-08-10 07:45:28
>凄く羅臼岳が綺麗に見えたのを覚えています~
そうなんです。見えるときは、すぐ手前によく見えるのですよね。前から登ってみたいなあとは思っていました。

>その時は2度目の知床で、天気はあまりよくなかったと記憶しています。~
湖は天気がいいのとよくないのとでは、印象、見栄えが大きく変わってしまうので、晴れてほしいですよね。

>懐かしい、まだ二人とも若いハリが残ってました~
あはは、そりゃあそうですよ。そんなに昔のことなら、リタイヤしてからもう一度お二人でまわれるといいですよねー。

>オロンコ岩は気が付きませんでした~
ガイドブックにも解説が無いです。それに普通は登らないかもしれない。

さあ、どうしようか。。
カエチャン、おはようございます (Sora)
2017-08-10 08:56:12
>えぇ~~!Soraさん 高所恐怖症なんですか!
そうなんですよ。前からカミングアウトしていますが。山でも両サイドが切り立った山道はダメですね。山はそこのところを事前に危険なところがないか(笑)調べてから、向かいますね。

>今回私も北こぶしのホテルドタキャンになってしまいましたけど きっと言っていたらオロンコ岩登っていたでしょう。。。
そーなんですか。北こぶしってウトロの4星ホテルなんですね。それは残念でしたね。平衡感覚に自信がない場合も、オロンコ岩は避けたほうがいいとは思いますが。

>冒険家の星野道夫さんもヒグマに。。。
この方を知らなかったので検索してみました。「この時期はサケが川を上って食べ物が豊富だから、ヒグマは襲ってこない」との信念から、ガイドの制止に取り合わなくて惨事を招いてしまったようですね。撃退スプレーも実際はヒグマまでは届かずで役立たずだったようで・・・
私は、冒険家でもなんでもなく年金生活者ですから(笑)、そういうリスクを犯すメリットは何も感じませんから大丈夫です(^^)。ありがとうございます。
うなぎさん、おはようございます (Sora)
2017-08-10 09:30:44
>晴れたら、斜里岳に登りますか? ~
あはは、いい質問ですね(^^)。
登りたいですね。ということもあって、まだパパスランドですが、今日も全道で天気が悪いですね。月曜日にならないと残念ながら天候は曇り空が続くようでしよう。このあと、行き先を決めて多分出発すると思います。ここの道の駅はキレイなのですが、やはり二泊すると気持ちが倦(う)んできますね。

>手前にみどり工房そよかぜキャンプ場がありますが、私のお気に入りの無料キャンプ場です~
ありがとうございます。調べてみると私のガイドにも載ってました。風呂・スーパーにも近く設備が整っているようでいいですね。オートキャンプ不可で駐車場もサイトから離れていますが、クルマだけPにおいて? テント持込500円だけの課金のようですが、駐車場と設備だけの無料利用でのメリットということでしょうか。
ハラさん、おはようございます (Sora)
2017-08-10 09:34:26
>羅臼岳 登ってる何人からの仲間から一度もクマとの遭遇の体験話を聞いた事がなかったので~

ここのヒグマは遊歩道とか車道にしか出ないのかもしれませんね(笑)。
Soraさん (うなぎ)
2017-08-10 12:38:27
みどり工房キャンプ場は、テントを張らなければ無料ですよ。
トイレに近い手前の駐車場でも管理人のいる奥の駐車場でもOKです。

ちなみに、入浴は斜里町民憩いの家 300円 65歳以上は100円 11~20時 0152-23-1064 、
泉質ツルツルのグリーン温泉 440円 0152-23-2411、
斜里町ウナベツ自然休養村管理センター0152-28-2203 300円/人 65歳以上100円
そこのキャンプ場に泊まっている人の多くは、斜里町民憩いの家に行くようです。
こんにちは(^^)/ (hiroko)
2017-08-10 17:04:13
無事に階段降りれて良かったですね、
意外なsoraさんの弱みに思わず笑えました、
いえいえ笑ってはいけませんね、用心は肝心です。

知床では遊覧船に乗りました、カモメが船を追っかけて
飛んでいたのが印象的でした。

そらさんの様に詳しくは見物できないのはツア-での
辛い所です。
船では美空ひばりさんが歌う知床旅情がかかってました。
うなぎさん、こんばんは (Sora)
2017-08-10 17:47:20
ご回答ありがとうございました。
テントを使わなければ無料であれば、駐車場だけを利用するのであれば、たいていのキャンプ場は無料ということになりますね。そう解釈すると道の駅意外の選択肢がぐっと増えますね。

結局、パパスランドは昼後に離れて、ただいま道の駅摩周湖です。道内の天気はどうも日曜日の午後以降にならないと晴れないですね。当初は、キャンプ地の多いオホーツク海沿岸に沿って北上していく予定でしたが、この天気ではその意欲もそがれました。それに、休みももう後半に入りましたので、優先度の高い富良野・十勝岳登山をまずこなしてしまおうと決意。で南富良野を目指していきます。そのあとで、ゆっくりキャンプ地めぐりという順にしようかと。
hirokoさん、こんばんは (Sora)
2017-08-10 17:55:34
そうなんです。旅先では特に用心は肝心でしょう。

私は学生時代に来た時、釣り船みたいな半島観光船に乗って、酔って酔ってたいへんな目に会いましたよ。それ以来知床でのクルーズは全く回避です(笑)。

>船では美空ひばりさんが歌う知床旅情がかかってました~
え、美空ひばりも歌うのですか。70年代の初め、私が周ったときはウトロでも店に入ると、加藤登紀子の知床旅情ばかりで、あれには閉口しました。今は・・静かですね(笑)。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。