青い空とわたし

青い空の日  白い雲の帆船をみていると

どこかへ どこまでも Harmonyと

走っていきたくなります

白砂山は雪山だったが、花の稜線と湖畔トレッキングが楽しい

2017年06月15日 16時19分50秒 | 同上 (山歩き)
6月12日(月)

前日から白砂山の登山口駐車場に来ている。
白砂山と言っても、ほとんどの方はご存じないだろう。




▲ 広~い駐車場。

新潟県・湯沢町と、(大地震のあった)長野県・栄町と、群馬県・中之条町との3県の県境にあるのが白砂山2140m。
一応、二百名山に入っている。


日帰りで登れる先が無くなったボクが最近買った本に、



「高山植物の宝庫」として載っていたから、北海道山旅の前準備として来たのだ。





▲ 駐車場の前には、こんな青い湖、野反湖(のぞりこ)もあるし、悪くはなさそうだ。

気がかりは天気。

南の群馬側はこのように晴れているが、新潟側は雲がどんよりと覆って山にかぶさっている。

それに寒い。この駐車場でも7度Cだ。





▲ 6時ごろは山全体が雨雲に覆われていて、いっそ帰ろうかとも思った。

が、その内に雲に切れ間も出てきて、白砂山登山口1620m を7時半ごろ出発を決意。





▲ 登山口の看板から。

現在地の白砂山登山口からほぼ東へ、堂岩山を経由して白砂山へのピストン山行だ(だったが・・)。

コースタイムは、本では6時間40分。累積標高差1176m、中級と記載されている。

Let's go !




▲ このハンノ木沢出会いの沢を渡って、

水場を過ぎて、登山口出発から2時間ほど経った頃、





▲ 雪渓が現われた。

初めこの雪道はすぐ終わるだろうと思ったが、ところがどっこいこれが長い。

なんだ、これじゃ雪山じゃないか・・。

幸い雪は固めで、アイゼン無くとも登れたが、20分ほど雪道を歩くことになった。

空も再び曇り模様に転じた頃、二組の降りてくる方に出会った。

上は霧雨状で、あきらめてもう下山するということだった・・





▲ まあ、イワカガミも綺麗だし、もう少し登ってみるか。。


訂正追記:これはイワナシ(岩梨)です。(信さん)





▲ 堂岩山2051m に到着。

この先の分岐点で、それまで全く見えなかった白砂山が姿を現すらしい。
そこまでは行ってみよう。






▲ 白砂山(左)と八間山(右)への分岐点に到着。10:24AM

3時間経過して10分ほどビハインドだが、大体コースタイムどおり。




▲ しかし、白砂山の方角は・・・何も見えない!

上方に、その稜線とともに姿を現すはずの白砂山は、霧の中、雲の中。

こりゃ、ダメだ・・。

白砂山は止めた 




▲ かたや、右手の八間山(はちけんさん)の方は少し雲が切れて晴れ間も見える。

登ってきた雪渓を下ってもしょうがない。

帰りは、八間山を迂回して下ろうか。

(この迂回コース選択は正解だった)




▲ まずは、腹ごしらえお得意の前日調達のコンビニ助六寿司を食べる。


出発。

八間山への迂回コースは、ずっと稜線上コース。



▲ この星型の白い花は、ずっとあちこちで道連れだった。

この上信国境沿いの山の、エーデルワイスだ。(またいい加減なことを)


追記:バイカオウレンかミツバウオレン (信さん)




▲ このツツジみたいな木も多かった。


追記:これは信さんの言われるムラサキヤシオツツジ(紫八汐躑躅)でしょうね




▲ しかし心を捉えるのは、あちこちに伸びるダケカンバ(岳樺)、じゃないかな。

薄緑色の、小さな葉をいっぱいつけて、空に揺れるダケカンバを見ていれば心も揺れるよ。





▲ 茶色がかった白い樺(かば)を持つダケカンバは、あちこちに群生している。






▲ アジサイの種類だろうか、こんな白い花が咲く低木も山道ぞいに多かった。


追記:アジサイとは関係ないようだ。ムシカリ(虫狩)です(信さん)



そして、ご存じこの花。



▲ シャクナゲ(石楠花)軍団も多かった。




▲ 蕾(つぼみ)状も開花も、あちこちで目を楽しませてくれる。





▲ 八間山への稜線上コースの右手群馬県側は、下るに連れて晴れてきた。

パノラマ状に広がる山並みがうれしい。

ずっと向こうに、でこぼこに黒い山波が広がるのは・・



▲ 初めもしや八ヶ岳連峰!? と思ったが、ここは上州・榛名連山らしい。





▲ これは、シラネアオイ(白根葵)のようだ。

これを目当てに八間山に来る人もいるらしいが、2箇所でしかも数輪だけ咲いていた。
これは季節が早いためか遅いためかは、シラネー。




▲ 他に赤い蕾や、黄色い花も。

この黄色い花は、道端にあちこちで咲いていた。
下山して湖畔にも咲いていたが、タンポポではない。


追記:赤い蕾は、サラサドウダンかベニドウダン (コアジサイさん)





▲ 向こうに、八間山の頂上が見えてきた。

展望が良さそう。
帰りの白砂山登山口への分岐点になるはずだ。




▲ 八間山頂上


頂上から今まで歩いてきた方向を振り返ってみると、



▲ ↓ の山が、白砂山のはずだ。

そこへは稜線を歩いて登らず、手前の赤の稜線を下ってこの八間山頂上へ来たわけだ。

先行する人で、今日白砂山まで登ったという人に出会ったが、頂上は何も見えずで風が強く、ミゾレみたいなのが降ってきたとか。

八間山への迂回路は、花も見れて正解だった。


では、八間山頂上のここから「登山口」の方向へ向かって下りていこう。

(この「登山口」が誤解だった)





▲ しばらく降りてくると、先ほどのダケカンバに代わって、よく似ているこの樹が増えてきた。

そうシラカバ(白樺)だ。

ご存じのとおり、岳樺の木肌は薄茶色でよく剥けている、だが白樺はペンキを塗ったような白。
植生も、字のごとくダケカンバのほうがシラカバより高地に群生する。

葉の色も、シラカバの方が緑が濃いような気がした。


それとここまで降りてきて、ボクは道を間違えたことに気づいていたが・・ もう後の祭り。




▲ あははー、降りて来て着いたのは八間山登山口(富士見峠)だ。




▲ 八間山頂上での「登山口」への標識は八間山の登山口であって、白砂山の登山口ではなかった!

ずいぶんと、白砂山登山口から遠くへ来たもんだ。
これで、1~2時間は余計に歩くだろう。

じゃあ戻りは、どうせ車道ではなくて野反湖湖畔ぞいに歩こう。





▲ あの野反湖の右岸湖畔沿いに歩こう。

白砂山登山口の駐車場は、この奥の奥だが・・(見えない



▲ 車道から、湖畔へ下りていく。





▲ いいねー。

ブルーの湖面は、光のさざ波が寄せてくる。





▲ 山側の斜面には、白樺がびっしり群生している。

八ヶ岳の八千穂にもマイレイクと白樺群生地があるが、ここのほうがスケールが大きい?


しかし、そのなかでも気になったのは、



▲ 湖畔にスクッと立つ一本の白樺。

湖面から山斜面へ吹き上げる風に、枝葉を左に流しながらも、

独り立ち向かい、青空に陽を受けて輝く、この立ち姿・・・


(誰かに似ているなあ?)






▲ 1時間半ほど野反湖畔を歩いて、ようやく駐車場に戻った。

午後4時半。駐車場を出てから9時間たっていた。

幸いからだの不具合は出ず(^^)。

うん、東北・北海道への山旅の準備が十分できたかな。




6月13日(火)

昨晩は、白砂山登山口から30分ほどクルマで下った、ここ道の駅・六合(くに)で車中泊をした。




▲ 道の駅・六合での朝。




▲ 昨晩は、この道の駅に併設されている応徳温泉に入った。





▲ 昨日の応徳温泉。

薄めの硫黄泉で、臭気もそれほど強くはなく気持ち良かった。
当初客は、ボク一人で、浸かりながらそのまま寝そうになってしまった。




▲ 改めて、温泉前の立て看板を見ると・・・。

「平成4年8月皇太子殿下が、白砂山登山の後、ご入浴されたことは有名です」

おおお、知らなかった。

ここは、ロイヤルマウンテンにロイヤル温泉だったのだ!!


おお、これでこれから、「オレは天皇様と同じ風呂に入ったことがある」と自慢できるぞ




『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏に向かって 旅立ちの準備 | トップ | 旅準備:ボクもこれでキャン... »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
白砂山 ()
2017-06-16 04:21:22
お早うございます。
良い山ですね。
皇太子も登る山ですから眺望も素晴らしいんでしょう。
私も挑戦したくなりました。
花が多いですね。
最初のピンクはイワナシだと思います。
星型の白い花はバイカオウレンか、ミツバオウレン
こんなに群生しているのは素晴らしい
ムラサキヤシオもたくさん咲いていたのでしょうか。
アジサイのような・・はムシカリ(オオカメノキ)でしょう。
花が多く、野反湖の眺めが良さそうですね。
車が無いとアクセスが大変そうだな。
参考になりました。
北の大地へ向けて用意着々という感じですね。

おはようございます(^^)/ (hiroko)
2017-06-16 10:11:06
今頃野山は新緑と花がきれいですね(^^♪
シラネアオイ実物見た事無いけど、写真などで
好きだなぁ、と思います。
オオカメノ木?ガクウツギ?山に咲く花はどれも好きです。
9時間の強行軍流石ですね、
将来の天皇陛下様もびっくりでしょうね(^_^)v
信さん、こんにちは (Sora)
2017-06-16 11:53:09
>皇太子も登る山ですから眺望も素晴らしいんでしょう~
白砂山はそんなに標高は高いわけではないので、同じ目線ですがパノラマチックに志賀高原なんかも見えるようですよ。残念。

>花が多いですね。~
ご教示ありがとうございます。早速名前のあがった花を検索してみました。
・イワナシは間違いないですね。コレ袋が長いし、イワカガミはギザギザの花弁ですものね。
・星形のバイカオウレンが迷います。それは葉の先がギザギザっぽいですが、コレは葉がドクダミか朝顔みたく丸味を帯びていましたので・・
・ムラサキヤシオ。ツツジは色んな種類があるのですねー。まいるなあ(笑)。
・ムシカリ。これも葉の形から間違いないですね。 ありがとうございました。追記させてもらいます。

>車が無いとアクセスが大変そうだな~
ここは極めて人里離れていて行き止まりですが、駐車場にバス停がありましたね。それに、きれいな水洗トイレも併設されていました。やはりロイヤル効果ですかね(笑)。
hirokoさん、こんにちは (Sora)
2017-06-16 12:08:08
>今頃野山は新緑と花がきれいですね(^^♪
ひょっとすると、今年はカラ梅雨になるかもしれませんね。せっせと6月は出かけないと、もったいないかも。

>オオカメノ木?ガクウツギ?山に咲く花はどれも好きです~
あのアジサイみたいな、控えめな白い花は信さんの言うとおりムシカリ、別名オオカメノキですね。ガクウツギを検索してみましたが、よく似ていますが葉の形が私が見たのとは違ってました。ありがとうございます。

>将来の天皇陛下様もびっくりでしょうね(^_^)
アハハ、そりゃあ「ワ、ワタシ、陛下と同じお風呂に入ったことアリマス」と園遊会で申し上げればね(笑)。
天気予報士 (jun)
2017-06-16 16:52:15
こんにちは^ - ^

白砂山から八間山へ変更したのも、下りルートを間違えたのも大正解でしたね。こんなにたくさんのお花たちに会えたなんて。わたしもシラネー花ばかりです。イワナシって初めて知りました。ホント「高山植物の宝庫」ですね。

〉野反湖沿いに歩いて、「湖畔にスクッと立つ一本の白樺」〜だれかに似ているかなぁ?)〜
この立ち姿、やはりsoraさんでしょう。まさに、「青い空と私」が、ピンときました。
こんな素敵な風景に出会えたのもルートを間違えて大正解!抜けるような青空です。soraさん、天気予報士ですか?

ロイヤル温泉も独り占めできてうらやましいです。〉草津の上り湯〜黒い湯花の珍しい温泉なのですね。山田温泉の奥の「五色の湯」を思い出しました。

それにしても、9時間の山行お疲れ様でした。準備山行と言うけれど、健脚、健脚♪

東北は、雷雨注意報がでています。お気をつけて♡
junさん、こんばんは (Sora)
2017-06-16 18:28:13
>わたしもシラネー花ばかりです。イワナシって初めて知りました~
そうですよねー。次は、イワカガミをコマクサと間違えないようにしましょう(笑)。

>この立ち姿、やはりsoraさんでしょう。まさに、「青い空と私」が、ピンときました~
junさん、ありがとうございます。私に、いつもよく話を合わせてくれますよねー。いいシーンですよ。
坂本龍馬のあの有名な肖像写真にも、髪型が似ていると思うのですが。

天気はこの日は、降雨確率30%であまり良くなかったのですよ。しかし、日が合わなくて。けれど、コース変更とコース間違いは、それでもかえって良かったです。

ここの応徳温泉は、草津温泉と四万温泉の間に挟まれた、秘境っぽいところにあります。前日は、同じく近くの尻焼温泉に入りまして。無料の川湯にしようか、内湯にしようか悩みました。

今やらねばならないことをリストアップして、つぶして、来週には出発しないと、夏が終わってしまいますよね。(また極端なことを)
またも群馬♪ (みちほ)
2017-06-16 21:51:39
たしか前回にも群馬の妙義だったような?
群馬県へようこそ♪  まして榛名連山の写真だ♪

私は榛名の麓に住んでおりますです(笑)   ようこそ!
白砂は暫く行ってませんが・・・
白い雄蕊いっぱいの花はミツバオウレンで葉が3枚です!
バイカオウレンは確か茎が紫色だったと思います!

今月はまだ関東で山歩きされるのですか?
7月に向けての予定は準備万端? 楽しみですね♪
みちほさん、おはようございます (Sora)
2017-06-17 10:14:24
>たしか前回にも群馬の妙義だったような?
すみません、おことわりもせずにウロウロしまして(^^;。
榛名のふもとなのですか!ということは、みちほさんの「裏山」とは、榛名連山のどこかということで・・・

>ミツバオウレンで葉が3枚です!バイカオウレンは確か茎が紫色だったと思います~
はい、ありがとうございます。もう一度、写真を見直して同定できるかやってみます。

>今月はまだ関東で山歩きされるのですか?~
いやいや、もう準備山行は十分ですので。あとは旅資金の金策に走って(笑)、来週のどこかで出立せねばと思ってますよ(^^)。

こんにちわ~ (コアジサイ)
2017-06-17 13:00:27
まぁ~9時間!物凄いウォーミングアップでしたね~これで準備万端ですね。

パノラマ状に広がっていた山並み 私も一瞬八ケ岳連峰かと思いました。
榛名山連峰初めて拝見しましたが良いですね~
今回は山野草との出会いもたくさんあって楽しまれましたね^^
イワナシ きれいですね~
赤い花はサラサドウダンとかベニドウダンとかでしょうか。
うちもサラサドウダンが咲き始め筒状の花が可愛らしいです。

湖畔にスックと立つ1本の白樺の木!
即座にsoraさんはご自分の姿を見つけられたんだ~と思いましたよ! (#^.^#)

今日は過去記事も読ませていただき・・・赤岳とか見せていただきましたが
soraさん 思いっきり山男なんじゃないですか~ 
コアジサイさん、こんにちは (Sora)
2017-06-17 16:48:15
はい、結論からいいますともう体力的な準備は十分です。体力を増すというより、前期並みに動けるかのチェックをしたかったのですが。大丈夫ですので(^^)。これが我々の歳になると一番嬉しいですね。

>私も一瞬八ケ岳連峰かと思いました~
実は山行中ずっと八ヶ岳だと思ってました。全長30kmほどある八ヶ岳の全貌が見えるスポットは知りませんので、何枚も写真を撮ってかえりましたが。帰ってから他の方のブログから違うことを知りました。  コアジサイさんにお見せしたかったのですが・・

>赤い花はサラサドウダンとかベニドウダンとかでしょうか~
ご教示ありがとうございます。私も調べてみますと、両者の違いは花先がベニドウダンはギザギザの切れ込みですが、これは大きめの切れ込みなので サラサドウダンかと。しかも色が紅なので、ベニサラサドウダンかなと思います。微妙ですね。
おっしゃるとおり、咲き始めは筒状でおちょぼ口風が可愛いかもしれませんね。こんなのがお庭にあるのですか!

>即座にsoraさんはご自分の姿を見つけられたんだ~と思いましたよ! ~
そ、そうですかッ! コアジサイさんは共感能力が優れてます(笑)。

>赤岳とか見せていただきましたが soraさん 思いっきり山男なんじゃないですか~
山男はおこがましいですが、赤岳登山のときは目いっぱい歩かせてもらった忘れがたい山歩きです(^^)。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。