青い空とわたし

青い空の日  白い雲の帆船をみていると

どこかへ どこまでも Harmonyと

走っていきたくなります

きょうは祈りと労働の日だった

2017年07月16日 16時00分00秒 | 青い空の日は旅立(全般)
7月10日(月)

函館の最初の朝。




▲ とある公園での朝でして。




▲ ゆっくりと朝食。

目玉焼きは毎日食べてるよー (うまくひっくり返せずグチャついてるが)

トマトも食べてるよ (左端に隠れている)


それでは、出かけるか。
行き先は、

函館の朝市?

No,No,No

レンガ倉庫?

No,No,No



▲ 今から行くところは、暑いからといっていつもの短パンはなあ・・

Gパンに履き替えて、
スニーカのボケボケになった靴先も、きれいにトリミングして、
まず、ここへ来た。




▲ 狭き門から入れ。




▲ よくいらっしゃいました、Soraさん。

はい、マリアさま。

(正確には聖テレジア像)



▲ チャペルでお祈りをしましょう。





▲ そのまま、正面の階段を上がっていく。




▲ ここはトラピスチヌ修道院だ。

明治31年(1898)に創立された、日本初の女子修道院。
一般人の見学は前庭のここまで。
中には全く入れない。

なぜ初の修道院が函館に?

ガイド嬢によると、黒船ペリーは江戸だけでなく函館にも来訪して、ペリーは函館の良さをえらく気に入って欧米で函館を喧伝したからだという。




▲ 前庭から入ってきた下を眺める。

きれいに整備されている。

修道女が掃除しているのではない。
修道女は絶対出てこない。

修道院の外は、函館市が一括管理している。
市は修道院に対しては、問題があったら何でも言ってくださいと、言っているらしい(ガイド嬢)。

函館市の大きな歴史的遺産だからね。



▲ 下の売店に張ってあった、内部礼拝堂の写真。

トラピスチヌ修道院のモットーは、「祈りと労働」。

祈りは当然としても、農作業もして自給自足の生活をするということだ。

うむー。


修道院をあとにして、あとはるるぶのコース№3を周ろう。

函館がある北海道の先っぽは、クジラの尾っぽのような形をしている。
尾っぽの右側の亀田半島を一周するのだ。




▲ ということで、右先端の恵山岬に来た。

白亜の恵山岬灯台が立つ。

青く輝く太平洋が見渡せてすがすがしい処。

恵山岬の背後には恵山(えさん)618m がある。



▲ 恵山岬の反対側の登山駐車場を上がっていくと、恵山があった。





▲ 絵地図。

赤印の権現堂コースを登ってみよう。

ボクも、祈りのあとは少しは労働をしないといけない。




▲ 恵山への登山口。




▲ 恵山は今も噴煙を上げる活火山だよ。

しかし、頂上まで登れることになっている。





▲ こんな登山道。

当然、硫黄臭いっぱいだ。




▲ うしろを振り向くと、海が。




▲ 大分上がってきたかな。




▲ 下のほうを見る。





▲ 頂上まであと100mの表示が。

今日は、長い登山ズボンではなくて、インディジョーンズ スタイルだ。

暑いから短パンのままで登ってきた。

右手にはムチではなくて、デジカメを握って。




▲ 頂上618mに到達!




▲ やったぜベイビー!

思わず叫ぶ、和製インディジョーンズ。

(そのセリフもう恥ずかしいよ)


パノラマの山頂からの風景。



▲ 函館山の方向。





▲ 正面の内陸の方向。

噴火するかもしれない。長居は無用だぜ。




▲ バイバイ、ベイビー。

また会う日まで。

(この腕は翌日皮がむけた)




▲ こんな硫黄いっぱいの山だから、花はなし。

ただ一つこんなのが、あちこちに。

がんばれよ。




▲ 海。

船が港に入ってきた。




▲ 登山口駐車場が見える。

結局、誰にも出会わなかった。

そりゃそうかな。
こんな暑い日に、わざわざ2時ごろから登る人なんか、インディジョーンズだけだ。





▲ 登山道から少しはずれて下の方を歩くと。

お地蔵さんが、いっぱい三々五々に立っていて。

よく見ると、みんな同じ方向を向いている。

コンパスによると、西方。西方浄土を臨んでいるのだろう。

賽の河原という看板が立っていた。





▲ 近くの道の駅なとわ・えさん から。

遠くに、恵山が見えた。





▲ 函館の近くまで戻って、海岸沿いの回転寿司へ入った。

函太郎。

ガイドブックによると、新鮮ネタで人気の回転寿司店ということで。




▲ 待ちがあったが、一人なのですぐカウンター席を案内された。

やはり、ウチの近所の回転寿司とは違うなあ。




▲ まわってくるめぼしいものはみんな食べた。

12皿。3200円成り。

24個も食べれば、もうおなかいっぱい。

しばらく、サカナもんはもう食べたくない。




▲ お風呂は、きのうの花園温泉は定休日だった。

ここへスイッチ。

にしき温泉。

きょうはお化粧もしてるし、早くスッキリしたい。




ジャンル:
ドライブ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 故障修理終了・さあ北の大地へ! | トップ | トラピスト修道院で観想する »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今晩は(^^)/ (hiroko)
2017-07-16 22:51:42
いよいよ海を渡られたんですね(^^♪
遠い昔ににトラピスチヌ修道院に行った事あります。
綺麗な所だった記憶です。バタ-飴を買いました。

北海道行きたいなぁ~、
インディ♡ (jun)
2017-07-17 06:42:03
おはようございます(^.^)

〉ゆっくりと朝食〜
の写真、奥様に「ちゃん作って食べてるぞ〜」ってアピールですか?

ボケボケしまむらスニーカー、復活!すごい!捨てちゃったかと思いました。やはり、物は大事にしないと〜ですね。

トラピスチヌ修道院は、2014年に行きました。クッキーを買い、すぐに車の中でポリポリ食べた事しか思い出せません(笑)あの時も暑かった💦

それにしてもインディの影絵、あははと思わず声をだして笑っちゃいました(^O^)帽子がイケてる♡どこかでヒモでも拾ってムチにして欲しかったなぁ。
〉噴火〜長居は無用だぜ〜
無邪気なsoraさんですね。

そうそう「箱太郎」!
ここは、大泉洋さんがオススメしてましたよ。回転寿司とは思えないクオリティだとか。ウニ、食べました?ホッキ貝食べました?ボタン海老食べました?

〉今日はお化粧〜
日焼け止めですか?

この三連休は宿が取れず、夫は1人で一泊の支度をして行き当たりばったりの旅にでかけました。(結局、帰って来たけど)
私は、叔父の仏壇に夫の安全を祈り、ジムへ行き、夕方から畑の草取りをしました。私も「祈りと労働の日」でした(笑)
hirokoさん、おはようございます (Sora)
2017-07-17 07:08:01
ここも、遠い昔ですが行かれましたか。
綺麗なところですよね。

バター飴の想い出がおありで。そうです、ここの売店では修道院で作っているバター飴、マドレーヌみたいなケーキ、クッキー等も売ってますね。

また、北海道。いかがですか。
junさん、おはようございます (Sora)
2017-07-17 07:33:08
>奥様に「ちゃん作って食べてるぞ〜」ってアピールですか?~
ははー。野菜と卵は食べないとね。戒律と自立の精神ですよ(笑)。

しまむらスニーカーは、まともなところへ行くときに重宝してます。

junさんも3年前に行かれたのですか。それにしてはも記憶も限られてますね。

シルエット・インディジョーンズ格好いいでしょう。私もそう思って撮りました。鞭の代わりにはデジカメの紐を振り回していました。そのせいか昨日切れてしまって アホですね。

箱太郎ではなくて函太郎ですが、ウニはどういうわけか一品も廻ってきませんでした。売り切れたのかも。ホッキ貝は? 特別注文のボタン海老は去年礼文で食べましたが??なので。junさんとは話が合いませんね(笑)。

>日焼け止めですか?
顔は一応やりますので、皮がむけません。

>夫の安全を祈り、ジムへ行き、夕方から畑の草取りをしました。私も「祈りと労働の日」でした(笑)~
そうですか。偉いですね。祈りと労働の生活、話が合いますねー。

良いなぁ~ (カエチャン)
2017-07-17 09:30:12
おはようございます

とうとう?やっと?入道されたんですね!
今年はそちらも最高気温が高いとニュースでいってますがsoraさんにはあまり影響がないようですね!

函館はじっくり廻ったことがなく高い山からの函館港にうっとりです
修道院も行ってみたいなぁ
尼寺とは全くいめーじ違いますもんね!

北海道は廻るお寿司でも十分コストパフォーマンスいいですもの
あぁ~よだれジュルルです 爆
あ!ママレードも発見!

次は何処かな?
カエチャン、こんにちは (Sora)
2017-07-17 11:43:56
>soraさんにはあまり影響がないようですね!
はい、Tシャツと短パンでがんばっております。
きのうあたりから、天気が悪くなってきて少し涼しくなってきましたね。

>尼寺とは全くいめーじ違いますもんね!
どっちがいい悪いとかではなくて、イメージは大きく異なりますね。キリスト教は神対自分の関係ですからシンプル。それが峻烈な清々しさと捉えるかどうか、みたいな違い。

よだれジュルルですか。私も数日たったら、また食べてもいいような気持ちに戻りました(笑)。で、どこに?

コメントを投稿

青い空の日は旅立(全般)」カテゴリの最新記事