青い空とわたし

青い空の日  白い雲の帆船をみていると

どこかへ どこまでも Harmonyと

走っていきたくなります

締めはやはり 秋の遙かな尾瀬で

2016年11月04日 06時00分00秒 | 同上 (山歩き)
10月25日(水)

朝の7時前、その登山口に立ったのはここだ。



▲ 尾瀬・鳩待峠 標高1591m 。

さあ、行こう。

え? 尾瀬は東北じゃないって?

鳩待峠は確かに群馬だが、燧ケ岳は福島の山で東北の最高峰なのだよ。
つまり、尾瀬は群馬・福島の両県にまたがった大湿原だ。

尾瀬ヶ原へは、ここから標高差200mほど降りていったさらに奥地にある。




▲ 石階段を降り切ると、緩やかな平坦地に出た。

ここでは紅葉は終わって、枯れ葉が山道を覆っている。
向こうの山並みに陽がさして、前方が薄っすらと赤い。




▲ しかし気をつけないといけないのは、日陰になるところは霜が降りていて、木道が滑ることだ。

何度もきたところ。
とっと、と歩いていく。




▲ 大分歩いて、この川を横切る。

ここまでくると、尾瀬ヶ原の入り口の山の鼻へはすぐだ。





▲ 山の鼻1400mへ到着。45分ほどかかった。






▲ 閉まっているビジターセンターを過ぎて、尾瀬ヶ原を進んでいく。

この人、さっきからここに座り込んでじっと下を見ていて動かない。




▲ ずっと見ているのはこの川面のようだが。

なにか自然観察をしているのか、いろんな思いにふけっているのか。

どちらも良しの尾瀬。




▲ 池塘(ちとう)が現れる。




▲ 一面の草紅葉。

こんなに秋遅くに、尾瀬ヶ原を訪れたのは初めてだ。

うす赤茶色に染めあげられた湿原、いいね・・・。



うしろを振り返ってみると、



▲ 若い(と思う)二人が歩いて来る。

山歩き雑誌のカバー写真にでもなりそうな雰囲気♪で。


そして二人の背後には、



▲ 至仏山(しぶつさん)2228m が、どっしりと控えている。

うむー・・、やっぱりいいなあ。
やっぱり登るか。

いつものごとく、ワイドでも眺めてみよう。

PC、タブレット用;


スマホ用;


至仏山は登ったことがあるが、こんな晴天で、あんなに迫ってくるとまた登りたくなるなあ。

どうしようか。
どうしようか・・


歩いていく前方には、これまた



▲ 燧ケ岳(ひうちがたけ)2356m が奥に鎮座している。(2014年7月登山済

ヒウチは、これもいいなあ。
山の形が、なんとも恰好いいなあ。

夏が来れば思い出す、遙かな尾瀬・・
のイメージは、ここからヒウチを眺めるイメージだとボクは思う。

今だって、いつだって遙かだ。



そして、ボクは、



▲ 脚が長いなあ。


よし、やっぱり、こんな日はシブツに登っていこう。

Uターンする。


山の鼻に戻って、



▲ 至仏山への登山口がある自然園の中を進んでいく。





▲ あそこが、入口だよな。





▲ 入口の絵地図。

頂上まで登り3時間半。
頂上から鳩待峠まで下り2時間。
計5時間半の山行だ。

今8:30 だから、鳩待峠には2時ごろに戻れる。
ちょうどいいじゃないか。

殆ど行きかけたが、待て!
午後からは天気予報は雨だったな。
こりゃ、途中で雨に降られるな。

やめ、止めっ。





▲ 実際、朝一は雲ひとつないドピーカンだったが、雲が広がりつつある。

今日は、晩秋の尾瀬ヶ原を探索したということでいいじゃないか。十分だよ。

よし、帰ろう!





▲ 山ノ鼻では、小屋が一軒改造中だった。

ここは、確か屋根付きの土間休憩所だった。
おお来年には、お店?宿泊所?になるのだろうか。



鳩待峠へ戻る山道で。



▲ 誰か、来る。

こんにちは。

こんにちわ。




▲ 歩荷(ぼっか)さんだった。

ご苦労様です。





▲ 鳩待峠にお戻りー。9:30AM

結局、2時間半のトレッキングだったな。

ちょうど最後の山歩きとしてはいいんじゃない。
へとへとになったら、今日に自宅へ戻れないよ。




▲ 駐車場。

クルマでほぼ埋まっていた。
そんなに(人が)来てたかな。

スタバを淹れて、散策中携行していた菓子パンを食べた。


10時半ごろ鳩待峠駐車場を出発。
(空は全部、雲に覆われていた)

今度こそ、自宅へ向けて(笑)。

途中、紅葉の綺麗なところが目にとまって



▲ 写真を撮りに降りた。

少し高度を下げると、尾瀬でも紅葉がピークだ。




▲ さあ、これで最後だ。

みちのくのやまやまさま、ごきげんよろしゅう

機会があればまたいつか


さようなら。






『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紅葉の中禅寺湖そして今回最... | トップ | 信州小旅行・五郎兵衛記念館 »

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます(^^)/ (hiroko)
2016-11-04 09:23:23
尾瀬には行った事あります。
鳩待峠で杖を買って随分歩いてたどり着いたときは
感動しました、行って良かったと想い出に残ってます。
確か5月頃の水芭蕉が咲き始めたころだったかなぁ~、

脚長~いですね、これでは至仏山も一跨ぎ(笑)
と言うわけには行かなかったんですね。
紅葉が綺麗(^_^)v
hirokoさん、こんにちは (Sora)
2016-11-04 13:43:39
>随分歩いてたどり着いたときは感動しました~
少し歩きますが、一度でも行けて目に焼き付けられたら、幸いですよね。5月の水芭蕉の頃でしたら、それはそれは想い出になりますねー(^^)。

長い脚を、お褒めいただきありがとうございます(笑)。晴れてましたから至仏山の上から眺めた尾瀬ヶ原に登る決意をいったん固めましたが、上で雨に濡れてしまってわねー。残念かつホツとしたのが本音でした。
遥かな尾瀬 ()
2016-11-04 18:58:05
雨が降れば思い出す、遥かな尾瀬 遠い空♪
9日から25日までの遠征。
羨ましいナァ。
尾瀬は昔、うちのクマさんと通いました。
雪の多いGWから、秋の草紅葉まで・・
行ってないなぁ。
今回のsoraさんのレポで、来年の山行計画が豊かになりました。
5月、7月、9月、出来れば10月とrepoしたいと思いました。
クマが心配ですが・・(家の中も、尾瀬っ原も)
次の山行はどこですか?
もとい! ()
2016-11-04 18:59:30
うちのクマさんから
「夏が来れば思い出す~♪」だよ!
と叱られました。
慎んで訂正いたします。

Unknown (はなねこ)
2016-11-04 20:02:35
ずいぶんと長い旅でしたね。
雪に降られたり、給油トラブルがあったりで、こちらまでハラハラすることもありましたが
たくさんの山に登り、美しい紅葉に出会い、美味しいものを楽しんで
ホント、羨ましいことでした。
ところで
途中で、「家に帰りたい」 などとは思われませんでしたか?
信さん、今晩は (Sora)
2016-11-04 21:43:47
>雨が降れば思い出す、遥かな尾瀬~
あらら、雨に降られたことがあるのですか。残念ですがそういうことありますよねー。

>尾瀬は昔、うちのクマさんと通いました~
そうですか。載せた写真のように仲良く歩いて・・ 最高じゃないですか。私もウチのくま・・でなかった、deco と尾瀬は少しだけ歩きました。遙かな昔(笑)。

>soraさんのレポで、来年の山行計画が豊かになりました~
いやあー私も、信さんの栗駒山への言及で、行きましたからね。それまで知りませんでしたよ。下のはなねこさんのレポもそうですが、皆さんの記録は随分と参考になりますよねー。

>次の山行はどこですか?
高いところはもう雪が降ってきますから、どこか低めのところでしょうか。筑波山かもしれない。あそこなら家内も行っていいと言ってますし。
はなねこさん、今晩は (Sora)
2016-11-04 21:54:29
>こちらまでハラハラすることもありましたが~
今回メインの鳥海山が前日に、雪をかぶっていると下山者から聞いたときはもうでしたね。でも腹をくくって晴れるのだから行けるところまで行こうとして良かった。ご一緒にハラハラしていただけてありがとうございました。おかげさまで無事終わりました。

>途中で、「家に帰りたい」 などとは思われませんでしたか?
「たくさんの山に登り、美しい紅葉に出会い、美味しいものを楽しんで」で、でしょう。そりゃあ、(小さい声で)あまり思わないですよ。クルマはスタッドレスですから、その気になればそのまま・・ あ、まだスキーは積んでないや(笑)。
秋の尾瀬 (雲のしっぽ)
2016-11-05 15:13:05
夏に尾瀬に行きましたが、草紅葉の尾瀬も又趣がありますね。
改造中の小屋ってもしかして、あの焼け跡が残っていた売店?
全く根拠はありませんが…
帰りの途中で撮影された紅葉も見事ですね。
soraさんのブログを拝見していると、不思議に再度行ってみたくなります。
雲のしっぽさん、こんにちは (Sora)
2016-11-05 18:02:30
>改造中の小屋ってもしかして、あの焼け跡がっていた売店?~
私の記憶では、あの位置には単に土間とテーブルだけの吹き曝しの東屋的な小屋があったと思います。

>ブログを拝見していると、不思議に再度行ってみたくなります~
季節がかわれば、尾瀬の景色も変わりますからね。この日は、中途で至仏山に登ろうなんて思わなければUターンせず、それこそ草紅葉の中をずーっと、東電小屋あたりまで周ってきたかったな。あ、次回そうすればいいのですよね(^^)。
Unknown (けーご)
2016-11-05 22:09:20
Soraさんの写真は皆綺麗ですね。
おかげさまでタブレットの中で僕は秋を満喫させて頂いている感じです。
前に尾瀬の歩荷さんの特集をテレビで見た事があるのですが、相当大変な仕事ですよね。写真を見させて頂いて、素朴な感じを思い出しました。
秋の山は綺麗で良いですね。

同上 (山歩き)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。