青い空とわたし

青い空の日  白い雲の帆船をみていると

どこかへ どこまでも Harmonyと

走っていきたくなります

米沢へ~ 謙信・景勝をしのび米沢牛を食べる

2016年10月31日 10時25分06秒 | 青い空の日は旅立(全般)
10月20日(木)

月山を下山した後、道の駅にしかにて温泉入浴。
そのあと南下、米沢市の手前の白鷹ヤナ公園道の駅で車中泊した。

今日も晴れ。
さあ、米沢藩30万石に乗り込もうぞ。



▲ 時間はお昼時。11時半開店少し前、ここに到着。

「米沢牛亭ぐっど」

さすがにだれも来ていない。一番乗りを制した。

レストラン入り口の隣は、米沢牛の直接販売もやっている。

※米沢牛~生後32ヶ月以上かけじっくりと肥育した未経産の雌牛、または去勢牛。




▲ 注文したのは、米沢牛ステーキセット(ランプステーキ/150g/ライスセット)3300円(税前)

もうもうの水蒸気をあげて出てきたよ。

まずは、肉だけをほおばる。

おいちー・・ おいちー・・
次々と切って食べる。

味付けたれは、醤油とウスターソースのミックスみたいな甘ピリ味で、肉汁と合う。
もう一枚食べたいなあ。




▲ 次は、付け出しの細切れ肉と鉄板に残った肉、ソース、キャベツを全部、ごはんにかけて、

はい、牛丼のできあがり。

これも美味しくて、満たされて大満足。


ランチ後は、米沢市内へ出て歴史探訪だ。
なせば成る。





▲ 毘沙門天の「毘」と「龍」の軍旗がはためくところへ。

米沢城の本丸跡へ入る。





▲ 上杉謙信(1530ー1578)像。

謙信はもちろん新潟・越後で亡くなったが、その遺骸もこの地に移された。




▲ 上杉景勝(かげかつ)とその忠臣・直江兼続(かねつぐ)像。

謙信の子(養子)景勝の時、秀吉により越後から米沢に上杉家は移されて、景勝は米沢の初代藩主となる。

真田丸をご覧のアナタはご存知ですよね。




▲ 本丸内に建てられた(1876)上杉神社。

謙信公を祭る。




▲ 同じ敷地内にある稽照殿(けいしょうでん)。

謙信公の遺品や直江兼続の「愛」の前立て兜などの文化財が展示されていた。


ちょっとクルマを走らせて、



▲ 上杉家廟所(びょうしょ)。

樹齢400年以上の杉林に囲まれた静かなところ。




▲ ここには、上杉謙信公から上杉家第11代・斉定公まで、上杉家歴代の廟が立ち並ぶ。

壮観だねー。



そのあと今度は春日山・林泉寺へ。



▲ 林泉寺は、上杉家当主の妻子や、直江兼続公夫妻ら家臣たちの墓所。





▲ 直江兼続公夫妻の墓。

当時としては珍しく男女が同じ大きさで墓が並んでいる。


きょうは墓めぐりになってしまったな。
他人の墓より、自分達の墓はどうしよう(笑)。





▲ 暮れなずむ米沢で、お墓のあと検索したらここが出てきたので、直行。

この旅初めての、というよりコインランドリーを自分で操作するのは初めての体験。

完全自動で50分待つのだよ。1000エン。

ボクにもできた。


ジャンル:
ドライブ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋の月山登山~神様はもう店... | トップ | 秋の浄土平から一切経山・東... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今晩は(^^)/ (hiroko)
2016-10-31 18:50:28
何とまあステ-キ、一人でお召し上がりですかおまけに牛丼までもさぞ美味しかったでしょうね(^^♪
画面を見て居たら急にお腹が鳴りました(^O^)

上杉謙信さんは48歳で亡くなってるんですね、
この時代の武将は短命ですね、勿体ない。
hirokoさん、こんばんは (Sora)
2016-10-31 20:27:27
>何とまあステ-キ、一人でお召し上がりですか~
はい独り占めです。分ける必要がなくてグットです(笑)。

>この時代の武将は短命ですね、勿体ない~
それだけに、どう生きるかというか、死に方を真剣に考えたのでしょうね。今はもう「年金生活者長生しなきゃソンソン」ですからねー。

また寒いですから風邪に気をつけてください。

コメントを投稿

青い空の日は旅立(全般)」カテゴリの最新記事